UnNews:村上春樹氏にノーベル経済学賞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【安西新聞 2016年10月8日】

スウェーデン王位科学アカデミーは、2016年度のノーベル経済学賞を、作家の村上春樹氏(67)に授与することを発表した。日本人のノーベル経済学賞受賞者はこれが初めてとなる。

村上氏の業績は「ノーベル賞が持つ経済効果についての革新的研究」。氏は自らが実験台となり、2006年から10年間にわたりノーベル賞(文学賞)候補となり落選するという実験を繰り返し、ノーベル賞がメディアや出版業界に与える影響の推移を分析。このような実験内容から、「終身名誉ノーベル賞候補」「文学界の笑い飯」などという批判の声もあったが、村上氏が研究を中断することはなかった。10年もの長期に渡り、同一の被験者を用いてノーベル賞の研究を行った例は他になく、革新的かつ正確な試みが評価された。また、村上氏は研究の過程で、10月になるとカフェに集まり村上作品を眺める「ハルキスト」と呼ばれる存在を発見。この発見は行動経済学の分野において大きく注目され、受賞の一因となったとされる。

取材に対し村上氏は「やれやれ、僕は受賞した」と独特の言い回しで受賞の喜びを表現した。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ