UnNews:日本ハロウィン部隊 韓国派遣見送り フランケン仮装自粛「受け入れられず」

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
1964年の国際ハロウィンパーティにて

【3K新聞 2018年10月5日】

防衛省は5日、韓国が11日に主催する国際ハロウィンパーティへの部隊派遣を見送ると発表した。韓国側にも同日、外交ルートを通じて伝達した。韓国は日本持ちネタフランケンシュタイン」の仮装自粛を求めていたが、日本側は拒否。双方の要求が折り合わないことから、派遣見送りを決めた。

巌戸成照(いわおとなりてる)防衛相は5日、防衛省で記者団に「フランケンシュタインはハロウィン法などの国内法令で仮装が義務づけられている。国際法上も国のハロウィン部隊に所属する隊員であることを示す『持ちネタ』に該当する」と見送りの理由を説明した。さらに「フランケンシュタインの仮装は半世紀以上にわたって行っており、国際的な慣行として確立している」とも強調した。

韓国ハロウィン国威発揚軍は南部済州島で11日に開かれる国際ハロウィンパーティの参加14カ国に、路上パレードではフォーマルスーツとキノコカットの髪型で行進するよう通知。事実上、日本から参加するハロウィン部隊の「フランケンシュタイン」の仮装自粛を求めた。

日本側は韓国の要求を拒否し、フランケンシュタインの仮装許可を求めてきたが、韓国側は応じなかった。防衛省幹部は「仮装自粛は決して受け入れられない。派遣を取りやめるしかない」と語る。

フランケンシュタインは大日本帝国軍のガチ仮装として脚光を浴び、ハロウィン部隊のメイン仮装にも採用された。先の「第二回世界ハロウィンハルマゲドン」で日本と激しく優勝争いをした米国を含め、現在では国際社会に浸透している。

一方、韓国ではメディアや専門家の間で「あのメイクマジ怖い、恐怖の象徴」などとの批判が多く、日本がフランケンシュタインを持ちネタにしていることへの反発は根強い。韓国国会ではフランケンシュタイン関連作品を全て発禁にする改正法案提出の動きも出ている。

韓国での国際ハロウィンパーティは1998年2008年にも行われたが日本に対する自粛要請はなく、日本ハロウィン部隊は女体化フランケンシュタインで参加した。

外部リンク[編集]

自衛艦-韓国派遣見送り-旭日旗自粛「受け入れられず」

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ