UnNews:政府内で有害物質の検出相次ぐ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2011年4月16日 1時3分配信】
福島第一原子力発電所の事故による周辺地域への放射能汚染が続く中、政府内でも有害物質の検出が相次いでいる。

特に高い濃度で検出されているのが7010Kn。3月11日の東北関東大震災以後、検出量は極めて低い値に低下していたが、今月14日以降一気に検出量が増加した。現在のところ7010Knは政府の必須元素であるため、従来の検出量の低さがむしろ異常で問題、とする声もあったが、震災以降有害性がより一層高まっているとの見方もあり、政府内では緊張が走っている。

これに対し、震災以降、7010Knについて「(国の)健康状態にただちに影響を及ぼすものではない」としていた谷垣禎一氏(専門:民主党駆除学)も今月10日以降、従来の見解を改め、「この状態が続くのは極めて不幸。可能な限り速やかな除去・浄化が必要」と述べた。

さらに民主党内では、今年1月以降ごく微量しか検出されていなかった1Ozが再び増加する兆しが見られている。

党役員の1人は「(菅政権に)ただちに影響を及ぼすレベルではない」と語るが、1Ozが党内に充満した場合、周囲の取り巻きと反応して大爆発を起こすおそれがある。その場合、大量の党員が外部に飛散する可能性が高く、それによる周辺環境[1]への影響は壊滅的なものとなる。また、微量ながらpopHtも検出されており、仮に1OzとpopHtが結合した場合、爆発の危険性は一気に高まるため、こちらに対しても監視が必要だ。

これらの有害物質の除去に向けて政界が一丸となって動けるのか、これからの動きが注目される。

用語解説[編集]

  • 7010Kn … 半減期[2]はおよそ6ヶ月。59Snとの反応性が高い。有害性が高く、結合に組み込まれると内閣の安定性を損なうが、nEdに置換すると比較的安定する。
  • 1Oz … 性質が不安定であり、政党の結合を促進する一方で、分裂を加速する特性も持つ。
  • popHt … 地球外から飛来する元素。主に金星に由来するが、太陽をちぎって食べた場合にも生成される。
  • juscoOk … 今回の件ではあまり取りざたされていないが、放射線が空気中に放出されると、空気がイオン化する危険があり、こちらも注視していく必要がある。生成された正負イオンはその地域の自然界(おもに商店街)に壊滅的な影響を与える大変危険な存在で、すでに「正負(イオン)に口出しするな」と答えるなど、高い有害性を実証する結果となっている。

注釈[編集]

  1. ^ ただし、菅総理の周辺環境に限る。
  2. ^ 支持率の半減期。ただし一定しない。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ