UnNews:政府・自民が「ブラック企業」根絶に本腰

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2013年7月23日 曰経新聞】

21日の参議院選挙で大勝してねじれ国会の解消に成功した自民党と政府が、8月から「ブラック企業」の根絶に本腰を上げることが分かった。

まず「ブラック企業」という言葉を放送禁止用語に位置づけ、代替語として「ちょっとだけ体力とノルマが厳しいが、やりがいがあり、社長が高いカリスマ性で引っ張る企業」(略称:やりがい企業)という長い言葉を設定。「ブラック企業」の代わりに「やりがい企業」または「ちょっとだけ~」を使うようにマスメディアやネットニュースサイト、ブラック企業を題材とした映画や書籍の販売元、更には虚構新聞アンサイクロペディアなどといったジョークサイトなどあらゆるメディアに要請し、世の中から「ブラック企業」という言葉を排除する動きをかける。

仮にこの要請に各業界や各種サイトが応じた場合、例えば「ブラック企業に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」という書籍と映画のDVDはこれまでの販売分を全て回収した上で「ちょっとだけ体力とノルマが厳しいが、やりがいがあり、社長が高いカリスマ性で引っ張る企業に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」に題名変更した上で再発売される。また「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」(文藝春秋)という書籍についても同様に回収した上で「やりがい企業 日本を引っ張るカリスマ」に題名を変えて再発売されることになるという。

また「過労死」や「サービス残業」、「高い離職率」や「SLAPP」[1]、さらには「ブラック」「黒い」「ブラックコーヒー」など、ブラック企業に繋がる恐れがある関連語句の規制にも乗り出す。「過労死」は「殉職」、「サービス残業」は「自主的奉仕活動」、「高い離職率」は「高い人材流動性」、「ブラック」は「ほろ苦い色」などの代替語の使用を推奨する。

これらの放送禁止用語がメディアやネットなどで使われず、正しく代替語に置き換えられているかどうかについて、渡邉美樹参議院議員(ワタミ元社長)と柳井正氏(ユニクロ社長)をプロジェクトオーナーとした放送禁止用語監視団体を立ち上げ、政府が同団体に業務委託する形で24時間体制で監視を行う。仮に放送禁止用語を使っているメディアやインターネットサイトを発見した場合、随時指導する体制も整える。参院選で逆風に晒されながらもギリギリ当選を果たした渡邉氏は「1年目なので24時間365日不眠不休でやらせていただきます!」と非常に乗り気だという。また「指導」の内容については監視チームに一任する予定である。

一連の政策は表現の自由を謳った憲法第21条に違反する恐れがあるが、「電波法の解釈変更で行けるはず。仮にダメでも、憲法96条を改正した上で21条の改正を行えばいい。ねじれ国会が解消し、衆・参とも憲法改正派の人達で2/3近くを占めている今なら行ける公算が高い」(ある自民党議員)と話す。

さらに一見従わせる事が難しそうなジョークサイト群に対しては、「虚構新聞は中の人が事ある事に収入面の不安を親サイトでボヤき、今では『企画記事』(何処かの企業とタイアップした記事)を増やすなど金になる仕事を次々と受けている状態なので、5年程度の安定的な報酬を約束すればあっさり付いてくる可能性が高い。アンサイクロペディアは週1ペースで『アンサイクロペディアで面白いページを教えてください』というスレを2chNAVERまとめに立てればサーバが悲鳴を上げて全員アクセス禁止が発動するので問題ない」とブラック企業”根絶”が実現できる見込みは高いと言う。

表現規制によるブラック企業”根絶”を図ることで多くの国民から反発が上がることも想定されるが、「選挙戦では誰が最初に流してくれたかは不明だが、『比例区でワタミ(渡邊氏)以外の候補者名を書けばワタミの人は当選しない』というデマが流れ、実際にそのように投票した人が数万人単位で出てきたことで渡邊氏は見事当選出来た。これと同じようにして一見間違いと分かりづらい説得ロジックを構築し、マスメディアやニコニコ動画などで何十回も流せばあっさりと我々に賛同する人達が続出して無事規制強化出来るでしょう」(同議員)と根回し対策も万全な模様である。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

脚注[編集]

  1. ^ 権力が弱い一般人や弱小組織に対して、力を持つ大企業や政府関係者などが発言封じや恫喝目的等のために訴訟を起こすこと。

関連ニュース[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ