UnNews:改正出入国管理法、解釈拡大を巡り対立

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

【コロムビアタイムズ電子版 2018/12/13配信】

今月10日に成立した所謂改正出入国管理法を巡って、またしてもアベ政権に窮地が訪れている。
切っ掛けはトリニダード・トバゴで毎年恒例となっているセックスフェスティバルが、今年に限り自治体からの抗議により中止されるという出来事。カリブ海にある民間の小島を使う予定だったが「カリブ海の観光資源である諸島関連について、私有権を認めない」と当局が横槍を入れた形であり、また当局は「島の位置を確定し次第、警察や軍を送り込む」「チケット購入者が海外からピアルコ空港に着いた際には予告なく強制送還とし、また自国民の場合も国外退去を命令する」と徹底抗戦の構えを崩さない。

主催者側はセックスフェスティバル中止を大変遺憾とし、先日出入国管理法が改正され入国規制が緩んだ日本での開催を目指すと発表。チケット購入者を「セックス難民」と位置付け、また当局の攻勢を例にだし「出入国管理法第三章の四、一時庇護の為の上陸」して日本政府からの支援を求めている。トリニダード・トバゴのセックスフェスティバルはアルコールやドラッグの使用を無制限に認めると共に101Pまでの多人数プレイを許可するのが通例であり、日本政府としては拒絶したいものの改正出入国管理法の意義を問われる事態であるため無下に断れない状態にある。

野党側から「ほれ見たことか」の大合唱が響くと共に改正出入国管理法の強行裁決問題等を理由に不信任案提出がチラつかされ、与野党女性議員連合もフェミニズムの観点から、男性視点に片寄ったイベントであるセックスフェスティバルについて反発。更に問題の根元である難民としての規定や一時庇護の範囲解釈などを巡り、年末の国会は例年通り動乱に包まれている。

セックスフェスティバル運営に携わる組織の関係者は日本での開催について、「日本のHENTAI文化は世界一で、私たちは憧れている」「(女性をテーブルに見立てる)「ボディ・テーブル・レストラン」は日本の女体盛りをヒントにしたもの。是非日本人に参加して欲しいし、新しい文化開発にも取り組みたい」とラブコールを送るが、前途は多難そうだ。

関連ニュース[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ