UnNews:小沢一郎、民主党代表に復帰

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

民主党小沢一郎代表は 7日の党両院総会に出席し、国民、支持者および党員に謝意を表すとともに 4日の辞任表明を撤回、現在の心境を赤裸々に告白した。

これは、2日に福田康夫より愛の告白を受けたことに加え、読売新聞がこの事実を歪曲し小沢代表から告白したと報じたことで801疑惑が浮上、名誉を毀損されたことに関するもので、小沢代表は心を「プッツン」するほどの壊滅的な打撃を受けた、2日間悩み続けたものの幹事長のツンデレぶりに惚れ直し恥を忍んで復帰することにしたと、当時の心境を涙ながらに吐露した。

これに対し仙谷由人政調会長は改めてツンデレぶりを表明するなど、民主党のツンデレぶりを印象づける総会となった。

この後に開かれた記者会見では、読売新聞記者はドスの効いた声を張り上げて改めて自らの捏造報道を認めるよう脅迫したが小沢代表はこれを拒否、かたや惨経新聞は仲介者がナベツネであることを改めて強調するなど、両社による読者の奪り合いも過熱した。また毎日新聞からは小沢代表に萌える記者が出席し、最後まで黄色い声を張り上げるなど、壮絶な会見となった。

一方、福田首相は今なおその熱い情熱に変化がないことを強調した。小沢代表の復帰報道を受けて 7日午後の衆議院特別委員会に出席し、「相手のあることだが、想いはおそらく同じだと思うので、必要に応じて行いたい。話し合いをすればお互いわかり合えるのではないか、新しいものが作り出せるのではないか」とその心境を述べるなど、今後も小沢代表への告白を続ける意気込みを表明している。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ