UnNews:夏休みに利用したい宿泊施設 第一位に「ホテル三日月」がランクイン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2016年6月16日 東京新聞

LOOKed JTBが今月10日に登録会員793万人に行なった独自のアンケート調査によると、「今年の夏に利用したい国内の宿泊施設は?」という質問に対して、約80%の人が「ホテル三日月」と答えたことが明らかになった。

ホテル三日月といえば、舛添要一前都知事が政治資金を不正に使い、会議と称して家族旅行に利用したという疑惑がもたれている施設であるがランキング一位になった主な要因としてホテルの「真摯な対応」があったと挙げられている。連日連夜の舛添氏の政治金不正利用の報道で、三日月にも多くの取材陣が押し掛けてきたが、お客様のプライバシー保護が最優先という理由で一切取材には応じなかったのである。それに対し、「顧客のプライバシー最優先の三日月なら、安心して家族旅行で泊まれる。」「三日月の一貫した対応には感動した、自分も政治資金で会議をする時はぜひ利用したい。」などという信頼を寄せる意見が多数あった。またニュースで流れる温水プールや一億二千万円の黄金風呂といった宿泊施設が映されたことも多大な宣伝効果になった。確かに財政七兆円自治区の長である東京都知事が家族で泊まったセコいホテルならば、誰でも一度は利用したくなるのも頷けるだろう。舛添氏の報道で初めで三日月の名前が出て以来、宿泊についての問い合わせの電話が絶えないという。特に舛添氏が泊まった客室は通称「マスゾエスイート」と呼ばれ、すでに来年まで予約が埋まっている状態だ。

ホテル三日月の統括マネージャーは「舛添氏にはとても感謝しています。近日中に感謝状と割引券を贈る予定なので、来年の正月もまた家族で来てほしい。」と語っている。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ