UnNews:土下座知事、水銀党へ参入か

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2009年3月25日】

ハレ晴レユカイをよく踊る。衝撃の事実を告白。

県立病院の無床化計画に関わり議会で土下座を行った某県知事に、民主党に見切りをつけ、水銀党への加入を検討している可能性が浮上してきた。 現時点の県議会は民主・県民が第一会派であり、知事もまた民主党推薦で当選している。 しかし、近日、民主党では小沢一郎代表の第一秘書の逮捕や自身の土下座問題なので、国民・県民からの批判や不信を広げつつある。某県内での民主党支持率は無視できないほどの高さではあるが、今後、下落していく可能性は十分にあり得る。 知事は、インターネットが普及する以前のいわゆるパソコン通信の時代から情報発信を行っており、「サイバー議員」と呼ばれていたこともある情報戦術家である。情報化社会の現在に、最も話題と支持を集める方法を模索するのは、知事にとっての専門分野といっても過言ではないだろう。

以下は某県が運営する公共機関が発行する広報紙上に記載された、知事のインタビューの一部である。

卒業生、在校生の中には、『涼宮ハルヒの憂鬱』というアニメを知っている人、いますよね。主人公の高校生が、本人に自覚なく、どんな願望も叶うという超能力を持っている、というオハナシです。私はこの設定が大変気に入り、エンディングテーマのハレ晴レユカイも大変気に入っていてよく聞いています。

やっていることは、麻生太郎氏の二番煎じの感もあるが、つまりはそうゆうことだ。アニメ産業に関心があることをアピールして、若い世代の支持を集めようとしているのである。 現時点では、水銀燈及びローゼンメイデンに関する言動はないため、水銀党への参入が確実であるとする根拠はまったくない。しかし、他政治家と相対的に比較すれば、その可能性は決して低いものではないことが窺えることだろう。 今後も、知事の政治活動に注目していきたいところである。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ