UnNews:味噌漬けブリーフ、「除菌効果なし」措置命令―消費者庁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
今回指摘を受けた麹菌系除菌消臭衣類(通称:味噌漬けブリーフ)。予想よりも味噌の匂いはしない

味噌に含まれる麹菌(こうじきん)の作用により除菌、消臭の効果があるとするなどとうたった一部の商品について、消費者庁は27日、「身に着けるだけ」や「味噌に漬けとくだけ」などといった表示が誇大広告にあたるとして、各社に景品表示法違反(優良誤認など)で再発防止を求める措置命令を出した。

消費者庁は、会見で「事業者が、味噌に含まれる麹菌による除菌効果の合理的根拠を出してこない、あるいは、何かしら出してきたが、それは、衣類を味噌漬けにする合理的な根拠とは認められないということであれば、われわれが、その表示通りではないことを立証しなくとも、捏造と考えるのが合理的。」と述べた。中には「一年間、味噌樽の中に漬け込んだ」と商品に表示しながら半年も漬け込んでいない商品も存在した。

味噌漬けグッズはブリーフの他にも、スポーツシャツ、半袖シャツ、ステテコ、ズボンなどの五点がある。近々「味噌漬けパジャマ」も販売される予定だった。こうした味噌漬けグッズはインフルエンザの流行や、風邪の予防への意識の高まりなどを背景に、売り上げを伸ばしている。今回の措置命令に該当する商品を利用したことがある人は、「インフルエンザの予防として息子に使わせてました。不信感じゃないですけど、『えっ』って感じですよね」、「せっかく味噌の臭いを我慢して使ってたのに裏切られた感じです」、「まったく気にしていない。ブリーフなんて汚してしまえば味噌も一緒」などと話した。

それを受け、販売元は、「真摯(しんし)に受け止めます。この度は、ご迷惑をおかけしました。商品を売りたいがために、余計なことまで書いてしまったのは手前味噌だった。」などと話している。

十大バ科ニュース

この記事は2014年十大バ科ニュースにて第六位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ