UnNews:北朝鮮主導の抜き打ち避難訓練、不備多数みつかる

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索


[平成29年8月29日(火)]

北朝鮮が開発した中距離弾道ミサイル火星12号火勢で燃えるような粗悪品

同日午前5時57分頃、北朝鮮主導による日本のJアラート(全国瞬時警報システム)や、Em-Net(緊急情報ネットワークシステム)等を用いた、首相官邸防衛庁、その他の組織が国民へ向けて情報伝達を如何にスピーディーに行えるか等を抜き打ちでテストするべく、避難訓練がおこなわれた。

北朝鮮は同刻に一発の中距離弾道ミサイル火星12号とみられる飛翔体を発射。発射したミサイルは訓練用の粗悪品であったため、核弾頭は搭載されておらず、愚か大気圏再突入に耐えることができずに燃え尽きて残骸が3つに分離した。この一連の訓練機が日本の上空を通過する際の、日本の対応が今回の訓練の主旨である。

本訓練において、一連の日本の対応に多くの不備があることが判明した。

  • 一番の不備としては、第一報6時4分のJアラート発令に6分ないし7分も費やしていること。
  • 続けて6時14分の発令では既に太平洋へ6時12分に着水しているにも関わらず、「ミサイル通過中」としたこと。
  • 安眠中の堀江貴文氏を叩き起こし、「マジでこんなんで起こすなクソ。こんなんで一々出すシステムを入れるクソ政府 」と批判されたことなどだ。

本訓練に参加した軍事ジャーナリストの見解としては、

過去異例の抜き打ち訓練であり、早朝であったにもかかわらず、政府の対応は概ね迅速だった。Jアラートの発令はもう少し早くなければならないが、国土が近いこともあり限界がある。そのなかで最大限の努力をし、対策に磨きをかけて頂きたい

とコメントしている。

同国は次なるグアム作戦を準備中であり、その本番で日本人が巻き込まれぬよう、今後とも避難訓練を強要するとみられている。よりスピーディーな対応が今後共に求められていくだろう。

関連事項[編集]

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ