UnNews:北京オリンピック無人化プロジェクト決行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

チベットで発生した大イベント『やれんのか!チベット大虐殺祭2008』の第二プロジェクトである「北京オリンピック無人化プロジェクト」が正式に決行されることが決定した。 同プロジェクトは2008年夏に開催される北京オリンピックの開会式に開催国である中国しかいない状況を作ろうというもの。このプロジェクトの意義は次のとおり。

  1. 中国は(日本以外の)世界各国から嫌われているという現実をボイコットで広く知らせること。
  2. 各国がオリンピックに選手を出さないことで、家で休ませることができるということ。
  3. 経済発展に伴う中国の大気汚染を少しでも何とかするため、開会式はじめ各種競技に出ないことで逆に中国を退行させられること。

以上はチベットにおける最高指導者ダライ・ラマの指揮のもと、EUなどのヨーロッパ諸国、インドなどのユーラシアの国々の賛同によって行われることが決定している。 しかし日米両国、特に日本は全世界を敵に回しても自国の選手の健康が損なわれても、自国の国民を貧困に陥らせても大増税をして、対中ODAを大幅に増額しても断固として北京オリンピックへ完全参加することを既に決定しており、これに対しダライ・ラマ師は「あのクソ共にパキスタン製の核兵器でもぶち込んで黙らせる必要がある。」と額に青筋を立てながら語っている。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ