UnNews:全国で900匹以上の動物が一斉殺害

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2008年9月21日 21時40分配信】

本日、日本各地で一斉に900匹以上のをはじめとする動物たちが殺害される事件が発生した。殺害現場は日本各地に散らばっているものの、その手口から同一系列の組織による兇行とみられる。

各地の公的機関の発表によると、殺害された動物たちは日本全国で集められ、中には子犬や子猫も多く含まれていた。加えてその多くには人間が育てていた兆候が見られ、死体の状況などからすると、犯行グループは動物を確保した後、1週間ほど世話をしてから殺害した模様だという。動物たちの多くが窒息死しており、殺害には人間をはじめ多くの動物に有効な毒ガスが用いられたものとみられている。

全国各地で一斉に動物が虐殺されるという前代未聞の事件にもかかわらず、一部の動物愛護団体関係者を除く一般市民やマスコミの反応は極めて薄い。またこれら日本国民の動物の命に対する認識の低さも一因となっているのか、今のところ警察などの公的機関が捜査に乗り出たという情報はない。そもそも、虐殺された動物たちの大半は元の飼い主に無断で犯行グループが捕獲したものとされているものの、中には飼い主から直接受け取ったとみられるケースもあったため、社会に組織の潜在的協力者が相当数根付いているものと思われる。

今回の事件に関して、ある動物愛護団体関係者は「今回の大量虐殺は序の口に過ぎないだろう」と苦々しく語り、人々に自身の飼う動物を責任をもって保護してほしいと呼びかけた。また、過激派で知られる動物愛護団体の関係者は「奴らはこの程度の虐殺で満足するような連中ではない。明日も明後日も殺し続けるだろう」と断言。今後1年間で合計30万匹以上の動物たちが殺されるだろうと主張した。

当局は今回の事件を無かった事とする方針とみられるが、動物愛護団体関係者の間では今後も同様の事件は続発するとの見方が大勢を占めており、事態の早期打開が望まれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ