UnNews:佳基工業、自社ホムンクルス製品の新しいアップデートを発表

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

3月21日午後1時より、ホムンクルス製造国内最大手である佳基工業(東証:96655、NYSE:YSIC)が、大阪市淀川区十三のルパン13世グランドホテルで新機能発表会を開催した。

紹介された新機能は、自社製品を一部のエクストリームスポーツに対応するためのアップデートで、属性ないし魔法発動機能を有していない全ての製造後20年以内の製品が対象となる。

発表会では、週刊現代の協力の元、1年半前に撮影された最終実証実験(東京都内某所で実施)の様子を公開。現役で稼働しているIMD54MYS169YMS480IRE48の四体の製品がアップデートを実装され、機能や体内環境の確認を行っている様子が写し出された。

説明によると、IMD54は対象となる物体の右側上部を叩く機能、MYS169は他のホムンクルスを機能不良にさせる妨害機能、YMS480は効率化のため通信を遮断する機能、そしてIRE48はスポーツ開催の為の事務処理機能がそれぞれ試験的に搭載されたという。なおスポーツ実施機能と物体を厳正に見定め励ます機能は4体共に搭載されている。

さらに発表会では、当機能のプロトタイプとなった製品についても紹介。無突起型製品であるYMD875にエタノールを投与することで同様の機能が行えることを明らかにした。他にも稼働中の自社製品を対象に様々な実験が行われたが、数が多すぎて研究部門の記録にも残っていないという。

Google-girl.jpg
宇宙の隅々まで知りたいあなたのために、グーグル大先生が「大橋加奈子」について分析しています。

1年半前の実験に立ち会ったスポーツ評論家、大橋加奈子さん(実名)は、「技術立国日本にふさわしい新技術で、ある種の感動を禁じえませんでした!」と、興奮して語った。

質疑応答では、朝日新聞記者から「だがちょっと待ってほしい。該当するスポーツには人造物刑法に違反するプレーがあるが、ホムンクルスに行わせるのは人権侵害ではないか。」といった質問が行われた。これに対して会社側は「2008年4月より各省庁へ山吹色のお菓子を手数料として支払うことにより、法人で取り決めた規約を法令より優先させることができる法律が施行される。mixiが代表的な事例であり、我々もこれに準じた規約改正を行う予定である。」と答えた。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ