UnNews:今こそ原点回帰。交通事故にも死刑を適用

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2010年12月21日捕らえてピーポくん配信】

18日、愛知県警は増加する交通死亡事故への対策の一環として、事故当時の加害者側に道路交通法違反行為があった場合には死刑の適用もありうるとの方針を発表した。

このような惨劇を繰り返さない為にも厳格な罰則もやむなしという声も多い。

シートベルト及びチャイルドシートの着用義務やエアバッグの普及により、一時的に減少傾向にあった交通死亡事故だったが、その後の携帯しながら運転や、越滅危惧種だった暴走族の復活とそこから分家したドリフト族の急成長により、近年再び増加傾向に転じ、昨年は死亡者数が負傷者数を上回るという異常事態に発展している。このため警察関係者は元より、国民、特に保険会社から早急になんらかの対策を求める声があがってる中、愛知県警の大胆な方針が話題をさらっている。

今回、愛知県警では試験的な意味も含めて重大な道路交通法違反を伴う死亡事故に関しては死刑を適用させるケースもありうるという大胆な方針を発表したわけだが、一部人権擁護団体からの抗議を除けば、県民からの反応が概ね好評なのは、死亡事故を起こすようなドライバーは、所詮、何の根拠もないまま「自分だけは例えどんな天災人災が降りかかろうと絶対に事故を起こさない。」と思いこんだままハンドルを握っているDQNにすぎず、どうなろうと誰も気にしないという思いの現れだろう。

今回の方針発表の記者会見にて愛知県警交通課は、「アクセルを踏み込むというそれだけの行為だけで、ナイフ包丁より遙かに容易く人が殺せるにもかかわらず、そのことを自覚しないまま習慣的にキーを回しているドライバーが多いことは紛れもない事実。ちょっとハンドルを逆方向に切ってみたり、わざとブレーキを踏まないだけでお手軽に殺人可能なことは小学生でも分かることだけに、もっと真剣かつ自分の責任の重大性を理解した上での運転を全てのドライバーが意識すべきだ。江戸時代、篭屋や飛脚が人をはねて死亡させた場合、死罪になることも決して珍しいことではなく、目には目を歯には歯をという厳しい態度こそが治安維持には不可欠である以上、そこに学ぶべき点は多い。死刑の適用で、ドライバーが萎縮するのではないかという声もあがっているが、死亡事故でない限り、まず死刑にはならない上に、そもそも、きちんと交通法を遵守し安全運転をしていれば死亡事故そのものが起こらない以上、なんら心配する必要はない。飲酒運転やiPhoneでデジタルコミック読みながら運転をしているドライバーなど、道路交通法以前に人間として間違っているだけに、死刑なり無期懲役にした方が、遙かに世の中が平和になることは分かり切っている以上、なんら遠慮する必要はない。裁判員制度で選出された人達も、これに限っては冤罪の可能性は『0』なので、思う存分、死刑判決を下して、浮き世の憂さを晴らして欲しい。」と語っている。

尚、今回の記者会見では、この方針を県民によりよく理解してもらう為に、事故から裁判、そして死刑執行までをリアルに再現した寸劇が行われる予定だったが、会場周辺で騒いでいた死刑適用に反対するデモ行進に、飲酒運転の車一台、携帯しながら運転の車二台、居眠り運転の車一台が相次いでツッコミ、多数の死傷者が出たことから、会見及び寸劇は急遽中止されることとなり、会場にきていたちびっ子及び大きなお友達から不満の声があがることとなった。

関連ニュース[編集]

関連項目[編集]


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ