UnNews:中華帝国の怨禍崩首相、訪日 「日中の敵意なくす」

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

11日、中華帝国怨禍崩首相日本帝国を急襲した。攻撃は13日まで続いた模様。中華帝国首相の訪日は同国の復活以来初となった。

ことの発端は、怨首相が11日未明に突然訪日すると言い出したことであった。戸惑う関係者たちを尻目に、怨首相は同日午後羽田空港に到着し、その後首脳会談や国会演説、日本臣民との交流などハードスケジュールをこなした。

怨首相は今回の電撃訪問にあたり、報道陣にはその目的を一切語ろうとしなかった。始終ノーコメントの一点張りだったが、数少ない発言の中でこの訪日を「氷を融かす旅」と表現し報道陣を困惑させた。また、アンサイクロペディアの特派員が掴んだ情報によれば、怨首相は到着後のサプライズ記者会見で「日中の敵意をなくす」という歯切れの良いキャッチフレーズで日本臣民の注目を集めるつもりだ、と側近に語っていた。実際にはこの会見は行われなかった。

これらの情報だが、まず前者は間違いなく地球温暖化による極地方の氷の融解を示しているものと思われる。すなわち、日本に温暖化対策の愚かさを説明するのが目的のひとつだということになる。これは、中華帝国皇帝がひよこ陛下と親しい間柄であり、ひよこに適した環境を実現するためであろう。また、これからの中華帝国の産業発展を頭打ちにされたくないという思惑も垣間見える。

また、「日中の敵意をなくす」という表現は穏健派の怨首相にしては少々過激な発言である。これはもちろん「日本中国中華帝国に対する敵意を圧力によってなくす」という日本臣民からすれば非常に恐ろしい意味である。

今回の訪日は一見極めて温和なムードで進んだように見えるが、報道公開終了後の会議やその他カメラの入らないところにおいてはお察し下さい。また、中国ではこの訪日に関する掲示板を設置したサイトがあったが、都合の悪い投稿は全て検閲により削除されており、人民の生の声を伝えるには至っていない。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ