UnNews:中国産にまた毒

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

バ科ニュース 北の家族発】

中国の企業、有呼公司が製造し、日本に輸出していた白酒に、エタノールを多く含む製品があったことが判明した。

エタノールは一度に大量に摂取すると脳が麻痺し死にいたる危険性があるという。また、IARCによる発がん性リスク評価でGroup1(ヒトに対する発癌性が認められる)に分類されている。 該当する製品については約50%近い濃度のエタノールが含まれており、一気飲みなどをすると急性アルコール中毒を起こす危険性があるという。

厚生労働省は「エタノールは少量の摂取については問題は無い」としているものの、有呼公司以外の製造した酒からもエタノールが検出されるなど国民の不安は高まる一方だ。同省は中国で製造された酒について輸入を一切停止し、専門機関での毒性物質の混入が無いかの調査を行うとしている。

中国政府は「中国でエタノールが混入した可能性は低い」としているが、大酒家からは「責任を認めろ」などの声高な批判が相次いでいる。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ