UnNews:中国の選手、「金メダル」噛んで意識不明の重体

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
金メダルを噛む、王嬌(ワン・ジョウ)選手
左側水色の部分が新疆ウイグル自治区
中国政府へ宣戦布告する、トルキスタン・イスラム党幹部

【2008年8月18日 14時10分配信】
18日、北京オリンピックで金メダルを獲得した中国の王嬌選手がメダル授与式後に突然倒れ、意識不明の重態に陥っていたことが、中国共産党の発表で明らかになった。

王嬌選手が獲得した金メダルからはごく少量で死に至る猛毒性の物質「テタノスパスミン」が検出されていることから、選手が優勝の喜びを表現しようと「金メダル」を噛んだ際、メダルに塗られていた猛毒をごく少量摂取したとみられる。

これを受け中国共産党は、反政府組織が何らかの手段でメダルに毒を塗ったものとして判断、反政府組織のテロへの警戒を強く促し、他の金メダルにも毒が塗られていないか調査するとともに、オリンピック参加選手に「優勝しても金メダルを噛んだりしないように」と通達している。

倒れたのは、レスリング女子72キロ級フリースタイルで金メダルを獲得した王嬌(ワン・ジョウ)選手。17日に猛毒を摂取、一時は意識不明の重体、命も危ぶまれたが、驚異的な回復力を見せ、18日12時現在では意識も回復している。王嬌選手は国内メディアの取材で、優勝したら金メダルを噛んでみたいと言っていたことから、優勝した際に金メダルを噛む可能性が高いとして、反政府組織の標的にされたものと思われる。

今回、金メダルに毒を塗った反政府組織は、新疆ウイグル自治区(しんきょうういぐるじちく)の中華ソビエト共和国からの分離・独立を叫ぶ反政府組織「トルキスタン・イスラム党」であると見られる。

中華ソビエト共和国内では、新疆ウイグル自治区の中華ソビエト共和国国からの分離・独立を叫ぶ反政府組織「トルキスタン・イスラム党」がテロ攻撃を予告、北京オリンピックを標的にすると警告しており、実際に中国各地で7~8月にかけて爆破テロや虐殺が多数起きている。今回の事件ではまだ犯行声明は出されていないが、トルキスタン・イスラム党の工作員がオリンピック設営者の中に紛れ込んでいたことから、今回の毒殺未遂もトルキスタン・イスラム党の犯行と見て間違いない。

なお、トルキスタン・イスラム党のテロの背景には、中国共産党が行っている、国内の約8000万人(中国人口の約6%)の「少数民族」への弾圧があることから、ウイグル族やチベット族・内モンゴルのモンゴル族など、中国55の少数民族でこれらのテロを支持する動きが出ており、漢民族の間でも中国共産党への不満からか、これらのテロを支持する動きが出ている。
※これは嘘ニュースです。

関連記事[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ