よく飛ぶドーピング、レギュレーション違反で三力士失格

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アブガス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「有毒ガソリン」の項目を執筆しています。

日本航空相撲協会および国際航空相撲協会は、アフガン航空相撲の力士三機にレギュレーション違反があったとして夏場所の失格と無期限の出場停止を言い渡した。

以前から航空力士には、シンナーやアルコール、鉛など、人体に有害な物質が大量に使用されていることが知られており、これらの力士についてもガスマスクをつけて燃料補給に臨むピットクルーの姿が目撃されている。鈴鹿サーキット付近のガソリンスタンドでも、品確法など自動車燃料の規制に違反したこれら違法航空燃料が販売されていた。

今回問題となったのは、天然素材由来の燃料添加剤といわれているが、詳細は明らかになっていない。マスコミ報道では、動物愛護センターから違法に入手した子猫エキスを大量に燃料に混入していたとされる。

上位チームでは、「よく飛ぶ」として、天然素材の燃料添加剤を大量に使用していることが知られており、ネコエキスのほか、様々な違法燃料が使用されている模様である。2007年に発生した、時津風部屋の新弟子墜落事故の際も、違法な燃料の使用が取り沙汰された。またこの事故の際、証拠隠滅のため、NTSBや航空鉄道事故調査委員会の到着前に、墜落した力士の残骸を焼却処分しようとした疑惑がもたれている。

力士は通常、重量の重いエンジンがバネ上の胴体下部に装着され、操縦室が胴体上部に設置される。空調装置に通じる吸気口はメインカメラ等と共に機体上部に設置されており、機体下部や背部の噴射ノズルからは遠く離れている。しかし操縦室がエンジンの真上にあるため、排ガスの流入が避けられず操縦者が意識を失う事故がたびたび起きていた。

このため、国際航空相撲協会では耐空性改善命令を出し正規の航空燃料を使用するよう求めていた。日本の大相撲では、ロボットアニメは日本の伝統芸能だとして改善に難色を示すチームが多く改善が遅れたが、今年の初場所から航空燃料のレギュレーションが強化されている。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ