UnNews:ルペン氏陣営に不審者、日本人か?

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2017年5月7日配信】記者:真取健 これはジョークニュースです。実在する個人・団体とは一切関係ありません。

【パリ時事】フランスで大統領選の決選投票が実施された7日、ルペン氏陣営に不審者が乱入した。不審者は男性で、持っていたパスポートから日本人と考えられている。

男は現地時間の午前10時(日本時間17時)頃、日本語で何か叫びながらルペン氏に接近、ただちに付近にいた警察官や支持者に取り押さえられ、身柄をセーヌ川警察署に送られた。

男はベージュのコートと、同色の帽子という姿で、持っていたパスポートからゼニガタコウイチという名の日本人男性とかんがえられている。

ルペン氏は、フランスの極右政党「国民戦線」の党首。アメリカのトランプ大統領と同じく「自国第一」を掲げて、国内雇用を重視。特に移民受け入れ反対、EU離脱を公約としており、予備選では支持を集めたものの、予備選でルペン氏に敗れた候補2名がそろって反ルペンを唱えているなど、公約には波紋を呼んでいた。今回の乱入騒動について、フランスの警察当局者は「ルペン氏の政治姿勢に対する反発が動機だろう」とみている。

取り調べに対し、ゼニガタを名乗る男は「俺はICPOのゼニガタだ」「ルパンを逮捕に来た」などとわけのわからないことを言っており、警察では男の責任能力の有無を確かめるため、近く精神鑑定をおこなう予定。


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ

このページは Chakuwiki由来のコンテンツを利用しています。もとの記事はNews:ルペン氏陣営に不審者、日本人か?にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。