UnNews:リサイクルビジネス、メディア業界で加速

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2009年3月28日】

日本のメディア業界でリサイクルビジネスがより広まりつつある。「無駄な試みや実験的作品を減らしてよりエコロジーな方向性を目指すのは、業界全体のコンセンサスだ。」と、業界関係者は語る。

メディア業界全般では「膨大な過去のコンテンツの再利用」をどのように試みるかが、ある種の課題となりつつある。ドラマ映画などは日本の著作権法に照らし合わせれば膨大な数の署名や許可が必要であり、実績のあるものであったとしても再放送やDVD化などは難しい課題である。その一方で漫画・アニメのような作品群は著作権関係者が極端に少なく、コンテンツの再利用に期待が寄せられている。最近では、日本の代表的漫画であるドラゴンボールZフジテレビ系列で4月5日から再放送されることが決まり、人気ボクシング漫画あしたのジョー講談社の週刊誌である週刊現代3月2日発売号から再掲載されはじめた。

新規コンテンツの製作を抑制することは、環境保護に貢献する。超大型の業務用カメラ、スポットライトや音響機器、そしてこれら機材から発する熱を緩和するために年中最大出力にしていた冷房に割り当てられる電力を削減できる。さらに、絵コンテや新規アイデアをメモするための雑談記録、芸能事務所との折衷に用いられる紙資源、出演者やスタッフに供される食糧資源を削減することにより、1回のスタジオでの収録につき縄文杉が1日で吸収するCO2を削減することができる。このためゆくゆくは、CO2排出権取引事業も検討していくという。

また「新人を発掘したり新たな試みによってリスクを冒すよりは、過去に実績を残した作品を用いたほうが効率が良い。」と、関係者は以上のように語る。ドラマにおいては類似する現象が数年前より確認されている。「花より男子」や「のだめカンタービレ」「ハチミツとクローバー」のような漫画の人気作のドラマ化がそれだ。ある程度ヒットした漫画を原作に用いたほうが視聴率もとりやすく、脚本家に高い要求を突きつけられることもない。

だが不安も残る。日本のテレビ局出版社にクリエイティヴな活動をする能力が果たして十分に備わっているかが一番の問題だ。これについて取材を行ったところ、関係者は「無駄な事業によって損失を大きくする方が問題である。環境により負荷がかからないようにするには、余分でコストのかかる事業を創出したり継続したりする方がよろしくない。折角ある過去の遺産をただ積み立てて腐らせておくより、最大限活用すべきだ。」との答えを返した。今後日本のメディア業界でこのような流れは止まりそうになく、一層のリサイクルビジネスが試みられることとなるのは間違いないようだ。

なお、1995年の出版市場合計販売部数は48億部である一方で2006年の出版市場合計販売部数は34億部である。[1]また国際調整手続きの結果、BS放送用周波数として日本は新たに4周波数(17/19/21/23ch)の割り当てを取得した。2011年以降地上デジタル化に伴い、新たなチャンネル増加の可能性がある。なお、現在このBSデジタル新規参入にはBBCFOXなどが名前を連ね、総務省に意思を表明している。

脚注[編集]

  1. ^ 情報メディア白書2008

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ