UnNews:モバゲータウンに立入検査

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2010年12月8日肉桂速報配信】

8日、公正取引委員会は、モバゲータウン建設にあたり談合及び贈収賄の疑いが高まったとして、モバゲータウンの設計および建設を行ったDeNAの立入検査を行った。

今回内部告発がきっかけとなり、DeNAが傘下の下請け会社に対して、「モバゲータウン建設に参入したければグルーグリーなどライバル企業に供給するアプリは全て『クソゲー』にしろ」と強要するなどの圧力をかけたことが確認されており、公取委では拘束着条件付き取引行為に該当するとみている。

近年、加熱する携帯アプリ競争により、アプリ提供会社はライバルである他社の蹴落としに躍起になっているのが実情であり、先日も会員登録を餌にして中学生にライバル企業に大量の嫌がらせメールを打たせるなどの行為があったとして威力業務妨害で摘発されたばかりであり、また宣伝では無料アプリをうたっているにも関わらず、実際無料で使用できるアプリは暇潰しにすらならないクソゲーばかりであり、実用にたえるアプリに関しては有料あるいは、「ここから先の本番プレイは有料となります」「衝撃の映像はCMの後!」などマルチ商法同然の販売提供システムに問題が多いことから、携帯アプリ提供会社への吊し上げ指導を求める声があがっていた。

今回の立入検査について、DeNAでは「捜査中につきコメントできません。」とコメントしている。

関連ニュース[編集]

関連項目[編集]


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ