UnNews:プレミアムフライデーに小売業界などから賛同が相次ぐ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2017/3/31配信】

先月2月23日から始まった、政府主導の労働改革案、及び景気刺激策である「プレミアムフライデー」について、先月は参加を見送った小売業界など消費者に近い業界からも、今月は参加する企業が相次いだことがわかった。

イベント情報をPOSシステムに反映させて店舗ごとの仕入の精微さでマーケットリーダーとなったセブン-イレブン・ジャパンは、全国の店舗で午前11時に営業を終了。花見客でにぎわう上野公園に繰り出した上野公園前店店長の山田さん(仮名)は、「これまで毎年、酔っ払いが店舗に押しかけてきて大変だった。アルバイトのみなさんも総出でシフトに対応いただき、この辺に住んでいながら桜の花を見たことがない人も居たくらいだ。今年からは、年間1日だけでも全員で桜の花の下で懇親を深められるいい機会を提供してもらえた」と笑顔で話す。

大手牛丼チェーンすき家等を経営するゼンショーホールディングスでは、全店舗を当日朝から閉め、パワーアップ工事を行うことを決定。各店舗で従業員総出で徹底的な掃除を行い、15時までに退社するよう厳命が下った。翌日には「店舗が見違えた」、「キレイになって入りやすい」、「というか、今までのワンオペで掃除が行き届いていないのが異常」など、好意的なコメントが本社に相次いで届いたという。

プレミアムフライデー当日を従業員の有給休暇取得推奨日に設定したJR東日本では、午後から休日ダイヤに切り替えて電車を運行する変則ダイヤを採用。関連会社であるNEW DAYSなどはすべてシャッターを下ろして休業し、運行業務にシフトを変えて対応した。東京駅で働く車掌の鈴木さん(仮名)は「JR東海新幹線を1時間1本に間引いて運行しているらしいです。どうせ仲が悪いんだから、うちの会社も対抗して全線運休にしてくれればいいのに」と取り組みの不徹底に不満そうな表情だ。

銀座高級宝石店で働く田中さん(仮名)は「警察も政府肝いりの政策ってことで今日は非番の人が多いらしいし、警備会社も今日は自宅警備員が多いらしく、出動してから駆け付けるまでの対応が遅い。絶好の仕事日和だ」と、時価4億円相当の宝石を内ポケットに入れながら満面の笑みを浮かべていた。

月末、さらにはもっとも多い3月末決算の企業にとっては営業最終日に設定されたプレミアムフライデー。政府と経団連では、経済効果の波及が大きいと予想していた小売業界の理解が得られたことから、来月よりさらに多くの企業に対して賛同を呼びかけていく予定だ。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ