UnNews:パナウェーブ研究所が東京電力に抗議へ、服装などの問題で

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2011年6月6日配信】

「あの防護服は我々がスカラー電磁波防護用に考案したものであり、知的財産権の侵害だ」
「あの防護服で放射能汚染対策作業をする事は我々のイメージが下がるので止めてほしい」

カルト教団・パナウェーブ研究所(代表:千乃裕子・故人)は6日、東日本大震災における東京電力の福島第一原子力発電所事故対応における、放射能拡散防止作業に当たる作業員の服装について語った。 同教団の広報担当者によれば「今回の震災は惑星ニビルの接近によって発生したもので、地球の自転が狂っている証拠だ」とし、さらに「惑星Xが発見された。地球滅亡も時間の問題だ」としている。

今回のパナウェーブ研究所の主張について鳩山由紀夫・元首相は記者団の質問に答え「我々はこの現実を真摯に受け止めなければならない。総理では普天間基地問題を解決できない。衆議院が解散総辞職したら政治家を辞めて農家になってマグロを獲る」とコメントした。

▲パナウェーブ研究所と名前が似ているパナソニック広報の話

「どっちにも関わりたくない」

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ