UnNews:バ科ニュース 2008年 2月

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

< 2008年1月分 | 2008年3月分 >

2008年2月[編集]

2月29日

大賞を受賞したTBSのロゴ
今年度最もウソや虚構あふれる報道をした報道機関に贈られる『2007年度 東京スポーツ報道大賞』が発表され、大賞にはTBS(東京放送)が選ばれた。TBSの大賞受賞は2006年度に続いて2年連続。
≫全文を読む

2月28日

  • 公正取引委員会秋葉原で内偵行為をしていたことが判明した。SONYが独占禁止法に抵触している疑いを持っている模様である。具体的には、AKB48の興行にあたってポスター付きチケットを買い占めて価格を操作していたとのこと。事実関係は調査中である。

2月27日

2月25日

2月24日

  • 防衛庁幹部の談話によると、海上自衛隊の護衛艦「しらね」に中国製の発火装置が仕掛けられていたとのこと。発火装置を持ち込んだ隊員が何者かに洗脳されている恐れがあり、現在調査中である。
  • また、イージス艦あたごの実験の、漁船の残骸が発見されたと言うことである。
  • タレントの中川翔子さんがテレビ番組の生放送中の発言にてネタバレをしてしまい、番組中と自身のブログで謝罪した。このネタバレ発言についてはネットを中心に非難の声が上がっている。
  • 2007年アカデミー賞発表!
≫記事全文

2月23日

2月22日

2月21日

  • ミクシィで知人の名前を騙って小学生殺害予告の男、逮捕
≫記事全文

2月20日

注意:この画像はイメージです。

2月19日

2月18日

2月16日

2月15日

2月14日

  • 日本は沈没しない」という論文がイギリスの科学誌「ネイチャー」に掲載された。これによって「日本以外が全部沈没する」可能性がさらに高くなり、アメリカ株式市場にさらなる悪影響を与えている。

2月13日

  • 日本の「はしか(麻しん)」輸出が非常に好調で貿易摩擦。米国は対抗策として制裁条項であるスーパー301条発動を検討中であると大統領筋が伝えた。甘利経済産業大臣は「米国がWTOルールを遵守することを期待する」と制裁発動の回避を要請した。

2月12日

  • 先進7ヵ国財務相・中央銀行総裁会議 (G7) で9日に採択された共同声明に、ガソリン税引き下げを否定する主旨の文言が盛り込まれたことが判明。理由は「税引き下げは温室効果ガスの排出を増加させる」ため。これにより国民が温室効果ガス削減のためにガソリン消費量を減らし、揮発油税の徴収額が減少することで揮発油税に頼る地方財政に大きな打撃を与えることが懸念される。

2月10日

  • 日本アメリカから独立へ - 10日21:30にアメリカ合衆国政府の緊急記者会見によって明らかとなった。これまで日本はアメリカの一部だったが、文化の違いによって例外的に自治権を例外的に認められていた。これまでも日本がアメリカから独立するのではないかと騒がれていたが、「いつか利益がある」と合衆国政府は日本を独立つさせない方針だった。しかし、2008年2月8日についに、これほどさまざまな面で違かったり、赤字かかさむ日本をアメリカの一部としていることを限界と判断。コンピュータシミュレーションにより2月10日を迎えても良くならないと今後も良くならないとの結果。2月10日をXデーと判断。しかし、2月10日を迎えてもバブル景気以降のショックが消えないのとで、この日のギリギリの21:00まで待って。方針を確定。日本の項目にもある通り、「30年間の平和な日本国があった」。これがいいと判断し、この30年間の平和な日本国の制度に戻すということになった。このことはアメリカが州国政府の秘密組織の人と州知事のフフンしか知らなかったため大パニックが起こった。これらは日本国の復活であり、建国記念日と同時に復国記念日となる。2月11日は忘れられない日となることであろう、特に2008年のこの日は。激動の年2008。

2月7日

2月5日

  • 鳩山邦夫法相は5日午前の記者会見で、児童買春・児童ポルノ処罰法をめぐり、個人が児童ポルノ画像を所持するだけでも処罰する規定を議員立法で新設するよう与党に要請する考えを明らかにした。エロ本を所持しているだけで犯罪になる日がいつか来る!?
  • 倖田來未がラジオ番組で高齢出産の危険性を国民に訴えた。氏によれば年を取って産んだ子は廃液に包まれて生まれてくるという。

2月3日

  • 3日に開催が予定されていた第42回青梅国際女子マラソンは、午前7時に中止が決定した。発表によると降雪が原因との事だが、このマラソンは名称が卑猥であるとして、大阪人からたびたび抗議を受けていた。

2月1日


< 2008年1月分 | 2008年3月分 >

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ