UnNews:チャクウィキ利用者の呼称、「借民」に決定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

2008年4月14日 (月) 15:59 (JST) アンサイクロペディアの弟分、チャクウィキにおいてそこの利用者を「借民」と呼ぶことが利用者による正式な投票によって正式に決定してしまった。同日、アンサイクロメディアの特派員が伝えた。 チャクウィキ(以下CW)は利用者各位が各自を「バカ」と呼び、「カであることが如何に素晴らしいか。」を研究するサイトとしてウィキペディアンだけでなくアンサイクロペディアンにも広く親しまれていた。ここに入るためには古くより「私はどうしようもないバカであります。文字通り右も左も分かりません。」紙に書いて156回復唱し、背中に貼り付けて登録を行うという儀式が広く行われていた。しかし、CWにおいて利用者が「バカ」を自称するのは

  • 自分をバカであるとすることで遊びに来てくれる他のROMたちを上に立てることが出来る。
  • 世界に対して「自分はつまらない人間である。」という謙遜の意味をこめられる。
  • CWはバカについての研究施設であり、バカを名乗ることで自らを実験体として提供できる。

などの利点があった。誠に美しい日本的美学によってバカは成り立っていたのだ。しかし、CWも大きくなるにつれ利用者が増え、「自分をバカ呼ばわりするのはあまりにも差別的だ。」と叫ぶが現れた。所謂自治厨である。彼らはCWの管理者たちを洗脳し、でっちあげの投票会を立ち上げ強引に清潔な響のする「借民」という呼称を採用させてしまったのだ。この呼称は一見素晴らしく見えるかもしれないが、実際はそうではない。 「借民」とは「借りてきた民」である。つまりどっか別の国からさらってきた人というわけだ。実はこの事案を無理やり通した自治厨がウィキペディアンであるという噂がある。その噂によると「問題を起こしたウィキペディアンをCWに島流しにして、自分たちは平安を手に入れようと管理者が画策している。」というのだ。この噂は確定情報ではないが、確かかもしれない。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ