UnNews:サッカー欧州選手権トルコ優勝

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2008年6月30日】

トルコ優勝を決めるゴールの瞬間

サッカー欧州選手権は数々の波乱の中29日(現地時間)ウィーンで決勝戦を迎え、トルコが2-1で初優勝を果たした。

決勝カードは数々の奇跡を演出してきたトルコと、ヒディング監督率いるロシアの両雄が激突した。誰もが予想しなかった展開にヨーロッパ中は固唾を呑んで見守った。前半33分こう着状態のロシアの新星アルシャビンが先制ゴール。後半はトルコがゲームを支配し、後半42分セミフが同点ゴールを決め後半ロスタイムにニハトがコーナーキックを頭であわせ初優勝を決めた。

試合後、トルコ優勝に不満を覚えた一部ロシアサポーターはトルコサポーターと乱闘になるなど混乱が起き、トロフィーを手にしたキャプテンのエムレが思わず感極まって「アラーよ。勝利をありがとう!」と言ってしまい、一部過激なサポーターが「ムスリム地獄に落ちろ!」などの野次が飛ぶなど一時騒然としたが無事閉幕した。

トルコ優勝で波紋が広がっている。サッカー欧州選手権でトルコに優勝トロフィーを渡していいのか一部UEFA委員は疑問を投げかけている。「サッカー欧州選手権はヨーロッパ代表チームが集って行う大会。アジア人であるトルコがトロフィーをもらっていいのか?」と声が聞かれる中で「トルコの優勝は祝うべきだ。その前に準決勝でトルコに負けた『ドイツ』が弱すぎたのでは?」と冷静な声が聞かれた。

一方でサッカーファンの間ではトルコ優勝を祝いながら「トルコ対ロシアじゃあ、花がネェよな。やっぱり、ドイツ対スペインの決勝が見たかった」と本命ドイツと無敵艦隊スペインの不調の指摘した。

関連ニュース[編集]

一部白人至上主義者がデマを流している。UEFAは以下のデマ情報に注意を促している。


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ