グリーンピース、ギネス社は世界一「無駄を助長する団体」とギネス申請

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2008年5月12日午後5時配信】
エコテロリスト世界最大手グリーンピースは、世界一「無駄な行為を助長する団体」としてギネス社をギネス申請したと発表した。※これは嘘ニュースです。

ギネス社はアイルランドにある老舗のビール醸造会社だが、ギネス・ワールド・レコーズ(通称・ギネスブック、以下GWR)を発行していることでも知られる。GWRは様々な「世界一」を集めた本で、多くの国でベストセラーとなっている。

当初は「100mを世界一速く走ることができる人」「世界一高い人工建造物」などが掲載されるに過ぎなかったが、近年ではGWRへの掲載を求めて様々な記録を考案しては申請を行う人が増えている。たとえば

といった具合である。一方でこうした記録を作るためには、大量の食料を消費したり、多くの人を集めるために輸送機器を使用したり、多くの自称知識人が無駄な時間を過ごしたりということに繋がっているとの見方もある。

いつもどこか的外れな主張をするエコテロリスト(自称・国際環境NGO)のグリーンピースは、ギネス社がこうした無駄な行為を助長し環境に悪影響を与えていると同社を批判。ギネス社を世界一「無駄な行為を助長する団体」として、5月12日にGWRへの掲載を求める申請書を提出した。

現在ギネス社側からのコメントは出されていないが、「無駄な行為」を数値化することは難しいため申請は却下されるとの見方が支配的だ。一方で日本鯨類研究所は「グリーンピース自身も無駄な行為ばかり行っているから、ギネス社とどちらが世界一なのかは議論があるところではないか」とコメントを出した。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ