UnNews:ギネス記録白紙化へ - EAAの提案受け

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【5月11日 FAP】様々な世界記録を認定しているギネスブックで有名なギネスワールドレコーズ(英: Guinness World Records)は11日「これまで認定したギネス世界記録を一旦白紙化する」と発表した。これは9日にヨーロッパ陸上競技連盟(EAA)から発表された「現存する欧州及び世界記録を白紙化する」という提案に呼応したもの。

ギネス社ではこれに追随し、一旦ギネスブックに登録された全ての世界記録を白紙化することを検討している。また多くの珍記録も含まれていることから、今後は選出基準についても見直す方針。

もっとも被害を受ける人物は「『世界で最も多くのギネス記録(89個)を持っている人物』という世界記録」を持っているアメリカのアシュリタ・ファーマンさん。氏が現在保有しているギネス記録の一例は次の通り。

  • 動いている電動芝刈り機をあごの上に乗せてバランスを取る最長記録・3分1.34秒(2013年・インドで達成)
  • 2つのシャベルを使った1マイル(約1.6km)の最速歩行記録・24分0.25秒(2014年・アメリカで達成)
  • 水中でサイクリングした最長記録(1.8マイル・約2.9km)(2011年・ポルトガルで達成)

今回の件について、ファーマンさんはインタビューに対し「死にたい」とだけ語った。

外部リンク[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ

このページは Chakuwiki由来のコンテンツを利用しています。もとの記事はNews:ギネス記録白紙化へ - EAAの提案受けにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。