エクストリーム・妊婦受け入れ拒否で千葉県の妊婦が快挙!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

2007年9月7日11時28分配信 アンサイクロペディア経済新聞

写真はイメージです。

妊婦が病院から受け入れ拒否された数を競うスポーツエクストリーム・妊婦受け入れ拒否で、千葉県の妊婦が16の病院から拒否される快挙を成し遂げていたことが判った。これは、現在判明している限りでは、奈良県の妊婦が記録した20の病院から拒否される記録に次ぐ日本で2番目に多い記録となる。

用語解説】:「エクストリーム・妊婦受け入れ拒否
エクストリームスポーツの一種(※エクストリーム (extreme) とは過激の意)。妊婦が病院から受け入れ拒否された数を競う。日本では21世紀に入ってから盛んになったことで知られる。 なお、エクストリーム・妊婦受け入れ拒否で高得点を挙げるには、以下のやり方がある。

  1. まず第一に、妊婦でないとエクストリーム・妊婦受け入れ拒否には参加できない。もし妊婦でないと、出場自体を拒否されてしまうからだ。
  2. 流産しやすい体質早産しやすい体質だと非常に有利。出産期が予告無く突然やってくると、受け入れ拒否されやすくなる。
  3. 今までは産婦人科を持つ病院数が少ない過疎地域、山間部に住んでいると有利とされてきた。ただし、近年では過疎地域よりも、奈良県や千葉県など都市部の方が、病院の方の受け入れ態勢が整っていないのか数を稼ぐには有利になってきている。
  4. 出産予定日が近づいても入院しない。

ちなみに、自由の国アメリカでは、エクストリーム・妊婦受け入れ拒否とは別にエクストリーム・貧乏人の急患受け入れ拒否が盛んに行われている。

十大バ科ニュース

この記事は2007年十大バ科ニュースにて第一位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ