UnNews:ウィキペディアに仕込まれたサブリミナルメッセージ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ウィキペディアの設立者ジンボ・ウェールズとウィキペディアのロゴマーク

2007年4月1日

ウィキペディアの壁紙には、大衆を洗脳するためのサブリミナル効果によるメッセージがひそかに仕込まれている」——そんなショッキングなニュースが、ネット界を騒がせている。

mixiのウィキペディアコミュニティに投稿された、ある一ユーザーの疑問が騒動の発端であった。「ウィキペディアの壁紙は、なぜあのような模様なのか? ひょっとしたら、何らかのサブリミナルメッセージが仕込まれているのではないか?」。最初は、誰もがその疑問を一笑に付した。しかしながら、ユーザーの主張があまりにも説得力のある物であったため、やがて一部のコミュニティメンバーらは、その可能性を真剣に取り沙汰しはじめた。

その結果、彼らはウィキペディアの壁紙にサブリミナルメッセージが仕込まれているという確実な証拠を、実際に発見したのである。以下は、彼らによる研究結果報告である。

WikiWallpaper.jpg

さて、上はウィキペディアの壁紙として使われている画像である。一見したところでは、なんの変哲もない大きく開かれたハードカバーの書籍のように見える。しかし、その細部に注目するならば話は別だ。まず、左端の背表紙との境目にあたる部分を見てみよう。背表紙が、明らかに奇妙なゆがみ方をしているのに気付くはずだ。たとえるなら、アルファベットの「S」の文字にそっくりなゆがみ方をしている。

次に「S」の右に目を移してみよう。本のページが放射状の模様を作っている。しかし、この模様に不自然な点があるのに気付くだろうか。そう、本のページの隙間は、意図的に三本の太線を構成するように配置されている。さながら、アルファベットの「E」の文字のように。

最後に、壁紙画像の右端を見て欲しい。おそらくは本の小口の部分に付けられた、索引用のインク印刷と思われる部分がのぞいている。しかし、なぜこんな形に配置されているのであろうか? これではまるで、アルファベットの「X」の文字としか見えない。

WikiWallpaper sex.jpg

以上のアルファベットを左から順番に読めばどうなるか? 言うまでもない、「SEX」である。一度この文字に気付いてしまえば、もはやその存在を無視するのは難しい。すなわち、ウィキペディアの画面を閲覧している者は誰でも、絶えずこの「SEX」の文字を、無意識に脳裏に刷り込まれ続けているのである! 一説によれば日本語版ウィキペディアにおける性風俗関連記事の異常な多さは、このサブリミナルメッセージが原因であるとも言われている。

研究に加わったメンバーらは、ウィキペディアの壁紙には「アニメ」「鉄道」という文字も仕込まれていると確信している。そうでなければ、日本語版ウィキペディアにこれだけ多数のアニメ記事や鉄道記事が存在する理由を、誰も説明できないからである(これらの文字は日本語で書かれているため、他言語版の利用者にはこの影響は表れない)。

そして、メンバーらがこの研究結果を自信を持って当のウィキペディア上に投稿したにも関わらず、「どう見ても独自の研究」「非百科事典な記事」という非論理的な理由により、闇から闇に葬られたという事実を、最後に付け加えておく。

ニュースソース[編集]

十大バ科ニュース

この記事は2007年十大バ科ニュースにて第一位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ