UnNews:アンサイクロペディア日本語版で震度7

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2020年5月21日22時配信】

汚物は消毒.jpg

過疎化が進み限界集落と化していたアンサイクロペディア日本語版が、5月19日未明に震度7の激震に見舞われていたことが判明した。震源は正式には公開されていないが、サイトオーナーであるCarlb氏(年齢不詳)による鉄槌とみられる。推定マグニチュードは不明。

地震の影響で、1名のBCCU管理者はアンサイクロペディアにおける全ての管理系権限を喪失し、他の現役管理者も、兼務していたBCとCUの権限が喪失。震源地のCarlb氏自身もBC権限が喪失し、アンサイクロペディア日本語は新たな管理者の就任や退任、チェックユーザーなどの管理業務が出来ない状態となっている。記事の削除やいたずらユーザーのブロックなど、最低限の管理業務は可能である。

また、これまでに無期限ブロックされたアカウントを収容していた地下牢も地震の影響で崩壊し、多数のアカウントが事実上の釈放。さっそくアンサイクロペディアの既存記事の置き換えや、低質記事量産などの破壊行為が始まっている。

この状況に対して、唯一まともな活動頻度を保っていた管理者のPeacementhol氏が鎮静に邁進。かつての問題ユーザーが時を経て、焼け野原となりLTA(無期限ブロックされた長期荒らしアカウント)達が次々と地下から飛び出してきているアンサイクロペディアを一生懸命モグラ叩きのように整備しようとしている姿に一部の古参ユーザーが「人は変わる事ってあるんだなあ」と涙していると言われている

この災害を受けて、アンサイクロペディア日本語版の管理者、一般ユーザー、IPユーザー、LTA達は今後の対処を検討。ネタとしてPeacementhol氏にすべてを丸投げして他全員が推移を見守る案も出されたが、まずは早急にBC候補者を立て、その候補者にBC権限を付与してもらうようCarlb氏と交渉する方向で協議を開始している。

なお、本地震による津波の心配はありませんが、サーバは限界集落と化しても相変わらず不安定なので、随時寄付を募集しております。

関連記事[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ