UnNews:アンサイクロペディア、2000年問題対策の完了を発表

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2006年12月31日】

日本アンサイクロペディアは12月31日、2000年問題に対する対策を完了したと発表した。 アンサイクロペディア日本代表のひよこ陛下は「我々は万全の対策を施した。これでいつ2000年が訪れても大丈夫だ。最悪の場合でも、地球が吹き飛んで太陽に穴が空く程度の軽微な被害で済むだろう」と300億人体勢で進めてきた2000年問題対策に自信を見せられました。

「いまさら2000年問題に対処しても、もう起こらないから意味ないじゃん」との声に対してひよこ陛下は「大自然の中では我々の想像力などちっぽけな妄想に過ぎないのです。だから我々は常に予想外の事態に対処しなければならない。起こってからでは遅いんです。私たちは5年も前から対策を進めてきましたが、いつ2000年が訪れてもおかしくない状況でした。今、こうして万全の体勢で年越しを迎えられることをわたしは誇りに思う」と述べられました。

また記者会見の場で、アンサイクロペディア2000年問題対策委員の守備的フォワードを務めた柳沢敦氏は「急に2000年が来たので」と、1999年の次の年にまさか3桁も繰り上がるとは思っていなかった当時の心境を語ってくれた。

東京スポーツ日付部は、今年の年越しについて「明日の日付は2007年1月1日、所により2006年12月31日」と発表しており、関係者も「来年、2000年が訪れることは今のところなさそうだ」と平静を装っていた。

2000年問題[編集]

2000年問題とは、2000年が20世紀なのか21世紀なのかが曖昧なために、電化製品がこれは単なる新年おめでとうなのか、それとも新世紀おめでとうなのかわからずに混乱して、お赤飯を炊き過ぎたりする問題。

十大バ科ニュース

この記事は2007年十大バ科ニュースにて第二位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ