UnNews:アリコ、再び新型保険発売へ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2008年10月29日 17時05分配信】
アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー日本支社(通称アリコジャパン)は28日、新型の保険を販売すると発表した。先月には同じく新商品として「アリコの、てごろでがっちり政府保証 ・ アリコの、すこしであんしん終身政府保証」を発表しており、1ヶ月程度の間隔での新商品発表はきわめて異例。米国の保険大手AIGの経営危機でゆれる中、業績回復の一手となるか注目が集まっている。

発表によると、今回発売されるのは「アリコのてごろでがっちり入院保険・ベッド付き」。医療保険としての内容は基本的に既存商品の「アリコのてごろでがっちり入院保険」と同様だが、ベッド・リザーブ制という新たな仕組みを大きな目玉としている。ベッド・リザーブ制とは、もしもの場合に備えて入院前から病院内に自分が入るベッドを確保しておける制度。全国96カ所の病院とアリコジャパンが契約を結ぶことで、同保険の加入者が優先的に入床出来る仕組みを確立したという。また、一部地域では予め手術室を確保できるオプションを付ける事も可能との事。

保険料は他の製品に比べて割高になるものの、緊急時に病院のベッドが足りず搬入を拒否され、たらい回しとなった結果死亡する事件が多発している中、高齢者などにとっては安心の医療保険といえる。アリコジャパンの担当者は「昨今救急車の不足が問題となっていますが、最近は救急車が来ても病院に拒否される時代。我々の保険でしたら、少々の金額で安心を買う事が出来ます」と自信満々だ。

救急患者のたらい回し社会問題となっている昨今、その議論に一石を投じる事となりそうだ。

関連記事[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ