UnNews:【科学】進む微粒子の解析——「はやぶさ」の持ち帰ったもの

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【およそ2011年3月6日配信】

宇宙航空研究開発機構(JAXA、東京都調布市)では現在、日本中で話題を巻き起こした「はやぶさ」の持ち帰った微粒子の解析が急ピッチで進められている。一方の東京駅(東京都中央区)においても「はやぶさ」の置き土産の解析が進められ、その中で新たな発見も浮かび上がってきた。

最新の研究報告によれば、「はやぶさ」の持ち帰った微粒子には様々な成分が確認されており、決してサンプルの量は多いものではなかったが、その大部分がリンゴとその加工品、次いで少量のホタテ温泉饅頭などで占められていることがわかっている。未確定ではあるが、これ以外にも白い恋人南部煎餅なども含まれている可能性が示唆されている。

この研究報告は専門家筋でも注目を集めており、そのうちの一人・バカ田大学でご当地B級グルメ学を研究する肝井鉄雄太教授は「今回の報告はアオモリの地表成分の予測に大いに役立つものと考えられている。我々の合同研究チームではアオモリの地表はほぼリンゴで埋め尽くされている、またはリンゴそのものであるという予測を立てており、これが予測から確信へと変わる日はそう遠くないだろう。」と語り、加えて今後の展開を「予測が正しければ、今後弘前に関する成分も出てくることだろう。できれば私も行ってみたいところだが、研究室の予算では上野公園の桜が関の山だ。」と期待と余計な話で胸を膨らませていた。


関連ニュースとか[編集]


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ