UnNews:【地域】春を告げるウソの出荷が最盛期——東京

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【およそ2011年3月11日配信】

福々しい丸みを帯びたウソ。4月初旬にはウィキペディアでも観測されるという。

4月の始まりを告げるとして縁起物と珍重される鳥であるウソ(鷽)の出荷が最盛期を迎えている。国内のウソ生産量の5割を占める東京都千代田区永田町では連日トラックが詰めかけ、日本全国への配送の準備が進んでいる。

ウソはスズメ目アトリ科に分類される鳥で、小さく丸々とした外見や、鳴き声がかわいらしいとして人気のある鳥のひとつ。菅原道真を助けたという伝説から太宰府天満宮などでは神の使いとして扱われ、天満宮がにぎわう受験シーズンには縁起物として木彫りのウソ(木鷽)がよく売れるなど、春の風物詩として欠かせないものである。

長らく続いた不況の影響か、皮肉にも縁起物もその売上が徐々に伸びており、ウソもまた昨年に比べて約5%の出荷増となる見込みだという。「今年も例年通りのお得意さまからのご注文が多いですね。マスコミ各社や保険会社、公官庁といったお取引先様よりは、例年以上のご注文をいただいております。」と生産者である(株)大鷽の代表・志賀津一さんは語った。

ウソの出荷は4月の初めで一度区切られるが、その後も需要に応じて通年切れ間なく出荷されていくという。志賀津さんは「特に今の与党さんは自前でも飼われているのに、季節を問わずにまだ足りないとばかりに800羽を超える大量のご注文をかけてくださっています。誠にありがたい限りです。」と喜びに顔をほころばせていた。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ