UnNews:【カップ麺異臭問題】同様の苦情、新たに21件判明

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
科警研による実験の様子。蓋の両脇の隙間から、唾液の分泌を促す強烈な異臭が漂ってくる。

【2008年10月25日(土)1時24分05秒配信】

カップ麺から異臭がするとの苦情が神奈川県内で相次いだ問題で、製造元の日清食品(日清食品株式会社/本社:大阪府東京都)は24日、全国から同様の苦情が、今年4月以降だけで21件寄せられていることを明らかにした。

苦情の殆どは、「カップ麺にお湯を注ぐと、美味しそうなラーメンの匂いがする」というもので、一部の客は「唾液が口の中で溢れて零(こぼ)れ落ちた」などの健康被害を訴えている。また、いずれの客も、カップ麺を他の料理や食材の近くに保管したりはしておらず、移り香(うつりが)が起こった可能性は低いという。

日清食品では、一部の客から問題の商品を回収して検査したが、正常な商品と全く同じ成分しか検出されず、異物の混入などは一切確認できなかったとしている。また、客の一部は警察保健所などに商品を提出しているが、科学警察研究所(科警研)などの検査でも、やはり異物の混入は確認できなかったという。

但し、科警研が同種の商品を用いて行った再現実験では、異臭そのものは80%以上の高い確率で再現している。
実験は、充分に沸騰させたお湯を、容器の内側に記されている線のところまで注いでから、蓋をして3分待つ形で行われた。その結果、蓋の上から広辞苑などの重量物で押さえた場合には殆ど異臭はしなかったものの、底面のバーコードシールで蓋を軽く留めただけの場合は、お湯を注いでから僅か数秒ほどで異臭を放ち始めたという。
更に、お湯を注いだ後の異臭の有無に関わらず、3分経過してから蓋を開けた場合には、なんと100%の商品が同様の異臭を放つという、実に恐るべき結果も出ている。

実験終了。

科警研の検査官は、弊紙の取材に対し、次のように話している。

「これまで数々の異臭商品を扱ってきたが、100%という高い再現性をもつものは初めてだ。ずずーっ。これはもはや、ずるずる、ほうひんひほほか(商品事故とか)、もぐもぐ、ひょうゆうへへふへははふ(そういうレベルではなく)、ずずっ、あちちちち、ほひょひょうひんひはいはひゃうはいはへっはふほ(この商品自体が重大な欠陥を)、ずるずる、ひゅうひへひふほひへふほへははひはほうは(有していると言えるのではないだろうか)。ずずずずーっ、んぐ、ほへひひへもふはいへふへ(それにしても美味いですね)。」


関連記事[編集]


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ