UnNews:「LOTOSEX」の当せん金、42万円に増額へ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【押売新聞 2008年12月14日 0時59分配信】

来年1月から、卵子受精式宝くじ「LOTOSEX」(ロトセックス)の当せん金が、現行の35万から42万円に増額される。もともと来年1月から38万円に増額されることになっていたが、更に4万円上積みする。上積み分は期間限定で、2010年4月からは38万円となる予定だ。

LOTOSEXとは、日本各地におよそ4,000万台程度存在する抽せん機(愛称:産む機械)に専用のスティックを挿入するだけで挑戦できる、人類最古の歴史を誇る宝くじで、1回数万円の料金がかかる特殊な筐体を除けば原則無料で挑戦できることから、古来より娯楽のひとつとして主に男性の間で親しまれてきた。

抽せん結果は抽選日からおよそ1ヶ月ほどで抽せんした筐体から直接発表されるが、当せん金の受け取りは原則として抽せん日の10ヶ月と10日後となるため、42万円全額を受け取るためには、来年春ごろまでに抽せんを終えておく必要がある。

抽せん機の中には、「今夜はだいじょうぶ」など、当せんのヒントを出してくれる機種も存在するため、抽せん機の間をあまりハシゴせず、これと決めた抽せん機で集中してチャレンジすることが望ましい。

なお、製造から18年未満の抽せん機による抽せんは原則犯罪行為となるほか、耐用年数の関係で抽せんを終了している筐体もあるため、注意が必要だ。

外部リンク[編集]


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ