UnNews:「マイナス五歳肌」謳う化粧品に注意喚起、赤子誤飲し消失か

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【安西新聞】2015/12/16配信

16日の早朝、東京都中野区のアパートにて突如として赤子が消失した。警察の調べでは赤子は生後2年6ヶ月前後であり、赤子が包まっていたと思われるタオルケットの付近には「マイナス五歳肌」と書かれた化粧品が転がっていた。赤子は哺乳瓶で育てられていたため化粧品を哺乳瓶と考え誤飲してしまい年齢がマイナス2歳6ヶ月になってしまい消失したものと思われる。赤子の母親は「そんなはずは無い、私も使用したが5歳分も若返らなかった」としてこの捜査に不服を申し立てているが、これに対し警察関係者は「個人差というものがある、このケースでは母親の肌が化粧品で補えないほどに手遅れだったのではないか」とする見解を述べた。

この事件により消費者センターは赤子による化粧品の誤飲に注意するよう注意喚起を行った。なお、消費者センターは消費者による「マイナス五歳も肌が若返らない」というクレームに対しては警察関係者と同様に「個人の問題である」としている。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?
十大バ科ニュース

この記事は2015年十大バ科ニュースにて第四位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ