UnNews:「ジカ熱」、蚊を密輸して仮病に

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【週刊文冬 2月3日15時00分発表】

環境省は1日、ブラジルで大規模流行をしているジカ熱。これが日本に少しずつ流行が始まっていると発表した。その感染経路は「蚊の密輸」によるものである。その手口は仮病を利用したものであり、環境省は注意を呼び掛けている。

環境省によれば、ブラジル人の消毒社所属の関係者から流入しているとされている。蚊はそのまま業者に売却、業者が「蚊に刺されるだけで仮病になれる」と謳って蚊を吸わせている。これもジカ熱は症状が現れるのも一週間ほどで、熱や頭痛、腹痛を発するのみと症状が比較的軽いため、実にコストパフォーマンスが良いとされている。そのため、仮病業者に人気であり、ジカ熱が流入したと思われる先月25日以降、仮病業者により約300人がジカ熱に感染した。会社員の憂鬱さや学生の不安を着実にマークしているものであり、当社のリサーチによれば大手企業の正社員が少しずつ休みを取り始めていることが判明、経済の歯車にもじわじわと支障が出るのではないかと懸念されている。五大都市圏を中心に、北は札幌、南は鹿児島で感染が確認されているため、どこでも感染することが可能となっている。しかしジカ熱感染者は全て仮病業者に仮病発症を依頼した人のみで、外部への感染は確認されていないとされている。このため環境省は仮病の防止、またジカ熱の感染を避けるよう勧告している。

なお、仮病業者に問い合わせたところ、「料金は時価」ということであった。今後も注意が必要である。


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ