UnNews:「とんねるず」 脱トンネルの声をうけ、解散へ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2012年12月4日 (火) 14:00 (JST) 厨二知新聞配信】

2012年12月3日、師走で日本中が大変忙しいときに、あの、とんねるずが緊急記者会見を開いた。会見は、12月3日未明の午前3時台から、なぜか、愛知県名古屋市のビルにてはじめられた。
報道陣は「この忙しい最中に、何をやってくれるんだ」という期待怒りを、にじませながら、会見場に詰めかけたのだが、そこで、いきなり、「この度、日本国内を騒がせている、我々とんねるずの騒動についてお詫び申し上げます。我々は、1980年に結成した、と申しておりましたが、実際には、1977年に既に我々は、『お笑いスター誕生!!』に、貴明&憲武という名前で、出場しているなどしておりました。そのため、我々は、実際には、コントにしてもなんにしても、経年劣化が進んでおりました。近年は、石橋がビートたけしと組んで、新番組を始めるなどして、石橋の笑いのセンスの点検を、目視で行うなどしてはおりましたが、今回、ついに、とんねるずは崩壊する解散することとしました。」と語った。
会見後の質疑応答では、「とんねるず」の解散について、一部で上がっている「脱トンネル」の動きを受けたものではないのかという質問や、笹子なる30代女性との不倫のうわさについての見解を問う質問もあったが、これに対して、「とんねるず」は、脱トンネル問題については、終始無言を貫く一方笹子さんについては、「誠意をもって対応したいと思う」と答えるのみであった。
なお、「脱トンネル」を提唱している池田信夫氏は自身のツイッターで、「とんねるずは、(コントにおいて)安全確認を実施するとともに、新たな安全基準の策定と安全対策が終わるまでは、(テレビ番組では)使用禁止。」とする べきだと述べている。
なお、どちらも、とんねるずについてはいつか復活させる気であると、明言しているが、下り調子の木梨の側は、6~7日程度での活動再開を希望している一方、上り調子の石橋は長期的に、活動を休止したいという意向を示している。


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ