UnBooks:3分クッキング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

♪♪♪キユーピー3分クッキング♪♪♪

今日は、簡単に作れる「美味しい日の丸弁当」のレシピをご紹介します。こんな豪華なお弁当でも、3分クッキングならたった3分で作れてしまいます。

コシヒカリ[編集]

ご飯は、ふっくらしているほうがいいですよね。今回は、新潟産のコシヒカリを使用して美味しいご飯を炊きましょう。新潟産コシヒカリと言っても、市販のコシヒカリではございません。今回のレシピで使用するコシヒカリは、なんととれたてです。ということで、太陽の恵みを浴びて元気に育ったコシヒカリを、新潟の農家から取り寄せてきました。

車に乗って、約3時間で新潟に到着。一面に広がる大きな畑に、金色に輝くコシヒカリに驚きました。まさに絶景です。


おや、あそこに見えるのが農家の方々でしょうか。駆け寄って話しかけてみましょう。

スタッフ:「すみませーん、コシヒカリもらいに来たんすけど」

農家:「あっちに一袋5000円でとれたてが売ってるから買っていきなよ」

スタッフ:「いや、そういうことじゃなくて……。」

農家:「え、何?」

(隣に置かれてある稲の束をつかんで)スタッフ:「これ持って行っていいですか」

農家:「あー、それはちょっと……」

スタッフ:「これ全国放送なんすよね、コシヒカリくれたら農家の評判あがりますよ」

農家:「………」


(その後交渉は1時間続き、スタッフはようやくコシヒカリを手に入れた)


それでは、このコシヒカリを使って美味しい日の丸弁当を作りましょう。こちらにすでに精米したお米がありますので、さっそく洗って炊いていきます。

梅干し[編集]

お米を炊いている間に、梅干しの準備を行いましょう。皆さん、「買った梅干しは美味しくない」なんて思ったことはありませんか。そんなあなたのために、今回は梅干しを一から育ててみましょう。ということで、今度は和歌山県の梅干し農家の方々を訪ねて、名高い紀州産南高梅を育てます。

スタッフ:「梅の木の育て方を教えて下さい」

農家:「まずは苗を植えましょう。苗を植えるには今の季節はまだ早いので、あと半年くらい経ってから植えましょう。たくさん植えると受粉を行いやすくなりますね」


(半年後に苗を植えたが、なかなか実らなかったためもう一本植えた。それから数年が経ち、一本の木から瑞々しく丸い梅の実がなった。)


それでは、美味しい梅の実を塩漬けにしましょう。梅干しの塩漬けは長ければ長いほど美味しくなると言われているので、今回は特別に50年間塩漬けを行います。床下などの涼しい場所に保管しておくことが大切ですね。……ご安心ください。こちらに塩漬け済のものがありますので、こちらを使用しましょう。

スタジオ[編集]

今回は和歌山県の農家で塩漬けを行ったため、時間の都合上スタジオを和歌山県に作ります。これは、来年からもこの番組でこのレシピを紹介していくつもりだからです。ということで、建築業者の方々を呼び、スタジオを建ててもらうことにしました。


(2時間後に業者が到着し、スタジオは一週間ほどで完成した。)

(時間がもったいなかったので、キユーピーちゃん人形も作ってみた。)

盛り付け[編集]

最初に炊き始めたご飯が炊きあがりました。それでは、このふっくらごはんに梅干しを盛り付けましょう。……あ、弁当箱を用意するのを忘れましたね。今すぐ買ってきますのでしばらくお待ちください。


(一時間経過)


ただいま。気を取り直して盛り付けを再開します。これは大きい梅干しですので、ご飯を深めに掘っていれるといいですね。まあ、美味しそう。

できあがり[編集]

盛り付けが終われば……、できあがり!それでは、さっそく頂きましょう。




(むしゃむしゃ)




日の丸弁当を美味しく食べる人。

なんと美味しい日の丸弁当だこと!皆さんも、ぜひ作ってみて下さい。たった3分でできますから。

UnBooks.png この本「3分クッキング」は、著者の情報収集能力や執筆能力が低かったこともあり完成されていません加筆して再出版してくれる人を探しています (Portal:スタブ)