UnBooks:鬼太郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

これはオニ太郎についての話です。キ太郎ではありません。


むかしむかし、ある所に、おじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんは山でシバかれて、おばあさんは川でシバかれました。

ある日、おばあさんが川でシバかれている時、大きな大きな桃がドンブラコ、ドンブラコと流れてきました。

おばあさんは取りに行きましたが、取れませんでした。

その夜、おばあさんは、一人泣き崩れました。

所は変わって、鬼ヶ島。

海で洗濯していた赤鬼がその桃を取りました。

その桃を切ってみると、中には鬼の赤ちゃんが。

「母ちゃん、子供が入っとったぞ」

「子供?どこの子じゃ。」

「桃からじゃ。桃。」

鬼たちは、この鬼の子供を「鬼太郎」という名にし、育てる事にしました。

そして、早7年。鬼太郎はすくすくと育ち、身長は180cm、体重は85kgの巨鬼となりました。

鬼太郎はある日、こう言いました。

「鬼退治に行きたい」

赤鬼とその両親は大反対しました。

「や、やめなさい。私達が鬼なのよ」

「いいじゃん、楽しそうだし」

「それは桃太郎じゃないのよ。私達は桃太郎に襲われる事に怯えてるのよ!」

「じゃあ、桃太郎を倒すのもいいかもね」

「知らないわよ」

こうして、鬼太郎は桃太郎らの軍団を退治しに行きました。

鬼ヶ島を出て、森へ入っていくと、キジがいました。

「どうしたんだい?」

「いや~、桃太郎がね、詐欺やっててさ。それでオラなんか300万奪われて…」

「詐欺か。。。そうだ。その桃太郎を退治しに行かないか。きび団子みたいな奴やるからよ」

「本当に?もちろん行くよ」

キジが仲間になりました。

そして、山に入る直前、猿が湖のほとりで叫んでいました。

「●●●の、バカヤロー!」

「どうしたんだい?」

「あー、オラの家壊していったんだべ。あの桃太郎がよ。」

「やっぱりそうだったのか。……そうだ、よかったら、団子もどきやるから、退治に行かんか?」

「それはいいっぺ。」

こうして、猿が仲間になりました。

さらに、山の途中、

「おや、なぜ泣いているのかね」

「おらの人生終わりだぎゃ…桃のやつにやられたもんだ。妻が殺されたんじゃい」

「それはお気の毒に。じゃあ、桃太郎退治へ行かんか。」

「退治…おらはやめるわ」

「そんな事言うたら駄目よ。さ、行かなくては。」

こうして無理矢理ながらも3人がそろいました。

こうして歩いて行くと、桃太郎の家に着いた。

そのころ、桃太郎の家では、

「ヒャハハ。300万頂いたぞ。」

「最初は取れんで悲しかったが、二個目はとってもよいやつじゃったぞ。」

「フフフ。今度は鬼退治して、金でも奪おうかな」

と会話してたというのは、言うまでも無いようです。

そして、桃太郎が家から出てきました。

「さーて、仲間仲間。」

「よし。かかれ!」

桃太郎はびっくりして、川にずり落ちました。

桃太郎は川へまたドンブラコ、ドンブラコと流れて行きました。

「これでいいんだか……」

こうして村に平和が戻りました。

それにしても、桃太郎は今、どこを流れているのだとか。めでたし、めでたし。半分めでたくない。