UnBooks:閉鎖物語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

閉鎖物語  


壱「偽装業者」


偽装業者の笑い声、諸業異常の響き有り。


酒池肉林の欲の色、業者必須の悪徳を現す。


奢れる社長も久しからず、ただ宿の夜の夢の如し。


高き賄賂も遂には告発、偏に暴風の前の欠陥住宅に同じ。


弐「社長の闇討ち」


「然るに社長が、未だ岡山の支店長たりし時、鳥羽」(とば元会長の御願いで、得長寿院を増築して、別荘『三十三間堂」(さんじゅうさんけんどう』を建て、千余人もの客人を招き入れる。


宴会は平成元年三月十三日なり。


顕彰には折節兵庫の北の支店長のあきたりけるを下されける。
会長はなお感激の余りに、出世を許される。
社長三十六にて、初めて昇進す。


社の上の人これをそねみ憤り、小雪の接待の夜、社長を闇討ちせんとぞ、企てられる。」


社長、此の話を伝え聞いて、「我は悪の身にあらず、農家の家に生まれて、今不慮の恥に遭えば、家の為自らの為心憂かるべし。」


会議の初めより、大きなる万年筆を用意し、背広の中に、無造作に差しほらし、やはり此の万年筆を引き抜いて、耳に挟みけり。
皆白い目をすましけり。


又、社長の部下の左衛尉家貞」(さえのじょういえさだ、紺青の背広の下に、萌葱色の肌着を着、栞の垂れる辞書脇挟んで、会議室前の廊下に畏まってぞ候ひける。


家貞畏まって申しけるは「上司、岡山支店長の、今夜闇討ちにせられ給うふべきと聞き、そのならん様を見んとてかくてぬ内は、えこそ出まじ。」とて、又畏まって候ひける。


その夜は闇討なかりけり。


社長又元会長のの召しに歌われけるに、人々拍子を揃えて、「三重(見栄)の社長は酢瓶」(すがめ(斜視)なりけり」とぞはやされける。


UnBooks.png この本「閉鎖物語」は、著者の情報収集能力や執筆能力が低かったこともあり完成されていません加筆して再出版してくれる人を探しています (Portal:スタブ)