UnBooks:裸の王様

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

王様の憂鬱[編集]

昔々、ある所お洒落好きな王様が居ました。王様はいつも何枚もの洋服を取り替えをしたり、綺麗な服を探したりして、自分の欲求を満たそうとしていました。しかし、欲求は満たされる事がありませんでした。 ある日、二人の仕立て屋がやってきて、王様に「自分達は世界一のを作る技術があります。沢山出資してくだされば王様に世界一の服を差し上げましょう」と言ったので、王様は早速二人に世界一の服を作らせるために、部屋を与えました。二人の仕立て屋は、毎日服を作っている振りをし、遊んでばかりいました。王様はたまに二人の様子を見に行きますが、そこは仕立て屋、上手くかわします。

王様「まだそんなにできていないようだが?」
仕立て屋A「何をおっしゃっているんですか? もう、袖のあたりは完成しましたよ?」
仕立て屋B「この服に使われている生地は特別で、出来の良い人間にしか見えないのですよ」
仕立て屋A「王様? もしかしてこれが見えないと?」
王様は、自分が出来の悪い人間だと思われる事が嫌で、嘘を吐きました。
王様「う、うむ。よい出来じゃ。早く完成する事を心待ちにしているぞ」

仕立て屋はしめたもの、と思い、また服を作っている振りをし、遊んでばかりいました。


愚かなる王様[編集]

しばらく月日がたち、仕立て屋はそろそろ潮時、と思い王様に美しい服ができたとお披露目する事にしました。もちろん、仕立て屋は遊んでばかりいたものだから、美しい服なんてあるわけがないのです。しかし、出来の良い人間にしか見えないと暗示していたので、仕立て屋が差し出した手の上に何も乗っていなくても王様はそこに美しい服があると信じ込んでしまったのです。

仕立て屋A「おお、とてもお似合いですよ、王様」
仕立て屋B「やはり、世界一の美しい服が似合うのは、世界一の王様だけです」
仕立て屋A「それもそうだな? 出来の良い、選ばれた人間にしか見えないこの美しい服は、貴方にこそ相応しい」

王様は褒められて嬉しいはずなのですが、どうもいまいち実感がわきません。それもそのはず、王様は何も着ていなかったのですから。でも、王様は自分が出来の悪い人間だと思われる事が嫌で、見える振りを続けました。

王様「そうか? 似合うか。ふむ、とても良い服じゃ。お礼に褒美を取らそう!」

仕立て屋達は、大笑いしたいのをこらえながら、褒美を受け取り、悠々自適な生活を過ごしていました。

王様は、他の家来達に見せ、自慢しました。もちろん仕立て屋達は家来達にも美しい服は出来の悪い人間には見えないと暗示していたので、家来達も褒める一方。王様は(自分だけが見えないのか。自分は出来の悪い人間なのか)と悩んでいました。

そんな中、王様は美しい服の評判を国民に聞こうとパレードを開く事にしました。国民は、美しい服は出来の悪い人間には見えないという事を聞かされていたので、出来の悪い人間と思われたくなくて皆見える振りをしていました。外聞を気にする愚かな国民は、家来は、そして当の本人である王様も外聞を気にして、全く美しい服が無いという事を認めたがりませんでした。

勇気ある少年[編集]

すると、一人の少年が王様の前に飛び出し、言いました。

少年「おかしいの! 王様は裸だ! 何も着ていないのに、あんなに偉そうにしている!」

そこにいた皆が凍りつきました。周りはざわつき、彼を出来の悪い人間罵る者も中にはいましたが、確かに皆も王様が裸である事が気になっていたのです。王様も、(見えないのは自分だけじゃない。本当は自分は美しい服なんて着ていないんだ)そう思い始めました。

王様「少年よ、ありがとう! 君の勇気に私は救われたよ。お礼がしたいのだが、何がいい?」

少年は、ユーモアを愛する自由な思想の持ち主で、聖人のような心を持っていました。なので、自らのためだけではなく、他の大人達にもユーモア(即ちアンサイクロペディア)を分かってもらいたいと思い、こんなことを言いました。

少年「王様、僕はユーモアが大好きなんだ。でも、今の大人達はユーモアを馬鹿にして、いらないもの、くだらないものだと思っているんだ。本当はユーモアって面白くて、とっても優しいものなんだ。だから、大人達に、ユーモアの面白さ、素晴らしさを伝えたいんだ!」

王様は、彼の理想的な考えに心を打たれました。(今まで自分は、自分のことしか考えていなかった。他の人のことなんて考えていなかった)と反省しました。そして王様は、新しく良い国を作ろうと考えました。その第一歩に聖典を作り、ユーモアたっぷりの聖典にしました。ユーモアが足りなかったとしても、皆で治せるものにしました。そして、王様はしっかりと反省し、勇気ある少年をみならってユーモアを愛し、質素な生活をするようになりました。
大人達子ども達も一緒に、良い国のために協力し、平和な国へとなっていきました。

~めでたし、めでたし~

この「裸の王様」は、まだ一糸もまとっていません。

この記事を見ているどなたか、加筆をしてくださいませんか?
加筆してくださらないと、この記事は風邪をひいてしまいます。
もっと内容を増やして、温めてあげましょう。 (Portal:スタブ)