UnBooks:美味しいご飯の食べ方

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

毎日のご飯が美味しくないと思うことがあるだろう。しかし、それは食べ方一つで改善されるかもしれない。ここでは、その美味しいご飯の食べ方を説明しよう。メモは取っても構わないが、金は盗らないでほしい。

主食[編集]

主食にはを食べるべきか、パンを食べるべきか。それは人間、特に日本人にとって永遠の課題である。しかし、主食が米やパンとは限らず、世界を見渡せばトウモロコシを主食とする民族、豆乳だけを飲み干し一日を優雅に過ごす者、そしてピザ野郎、あるいはに溺れる偏食、オナニーで性欲を貪り尽くす変態もいるということを忘れないでほしい。とりあえずいろいろなものを食べて、さまざまなものの中から自分にあった主食を選び出すということが大切である。そんなことを考えて多くの主食に挑戦してみれば、主食を美味しく食べられるかもしれない。まあ、いちいちメンドクサイなら西洋英語東洋の間を取ってコンドリーザ・ライスを頂くのが無難であろうか。

副食[編集]

次に、副食だ。副食とは、主食のお供に食べるもの、つまりおかずのことである。優れたおかずとは、箸を置かずに食べられるようなものである。例えば主食が米ならおかずは野菜、パンなら、主食がオナニーならおかずは愛しのあの子のヌード…(中略)、おかずは主食によって変わることが多い。つまり、おかずは食欲(または性欲)を掻き立てる重要な役割を果たしているということである。ところで、納豆魚肉アイスクリームというものを知っているだろうか。これは世界三大珍味を超える前代未聞の組み合わせであり、うまい人にはうまい、まずい人にはまずい副食の定番である。しかしいくらなんでもうんこよりはマシなのではないだろうか。

汁物[編集]

汁物は、味噌汁スープマン汁などのことである。とりあえ液体にすれば何でも汁物になるので便利である。ここで、美味しく汁物を飲む方法を教えよう。まず熱い汁物は最初の一口をすするときに勇気が要るが、ここでビビっていれば君は「グルメ界のヘタレやー♪」と言われてしまう。別にそんなことは気にせずに丁度いい温度になるまで待つことが望ましいが、どうしてもヘタレになりたくない強がりな君のためにそれを避ける方法がある。それは、汁物を冷凍庫で凍らし、それを「煮凝り」と称して何食わぬ顔で頂くことである。冷たい汁物は美味しくないが、凍らせてしまえばこっちのものだ。これで君も脱ヘタレだね。

果物[編集]

果物はデザートとも呼ばれ、ご飯には欠かせない。よく「スイーツ」と呼ぶ者もいるが、奴らはご飯など碌に食べずにスイーツのみを食い尽してる。ご飯を美味しく健康的に食べるには、このような食べ方はあまり相応しくないだろう。流行に流されず、自分が美味しいと思った果物を適量に食べるようにしよう。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]