UnBooks:結婚式のマナー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

結婚式の招待状が両親ではなく自分に届いたというアナタ。それはつまり、アナタがいよいよ一人前の大人として扱われるようになった証なのです。これからはもういい加減なことはできません。アナタは結婚式で恥ずかしい思いをしないためにも、常識である「マナー」を知る必要があるのです。いや、それほど肩肘を張る必要はありません。マナーというものはイコール「規則」ではなく、「悪い印象を与えないためのセオリー」であると考えてください。これから紹介するマナーを習得すれば、あなたはきっと失敗しなくて済むことでしょう。

招待状の返信[編集]

油断してはなりません。そう、ハガキが届いた瞬間からアナタの「大人力」が試されているのです。あなたはしっかりとした返信をすることができるでしょうか?

宛名[編集]

記入前の招待状裏面(一例)

「○○行」と差出人の名前が書かれています。このうち「行」を二重線で消し、その横に「様」と書き直しましょう。これ以降、筆記する際は黒の毛筆、万年筆ボールペン鉛筆のいずれかを使用します。またお祝い事ですので、ハガキが白地であることを考えますと、赤いボールペンやサインペンなどもよろしいでしょう(口紅は別の女性の意志を強く感じさせるので避けましょう)。しかし赤いペンは採点や校正に用いられる慣習があり、挑戦的な印象を与えてしまう場合もあります。

出欠[編集]

  • 出席する場合
「御出席」の「御」を二重線あるいは「寿」の文字で消し、「出席」を円で囲みましょう。または円で囲まず、「出席」の下へつづけて「させていただきます」「いたします」などと書いても良いでしょう。その際は、書いたところまでしっかりと円で囲んでください。マナーとはすべて、丁寧な心遣いが基本になっているのです。また「出席」の他に「ご結婚おめでとうございます」などのお祝いメッセージを添えても良いでしょう。ただし句読点を使ってはいけません。二人の縁が区切れるという意味で良くないのです。しかし読み手のことを考えれば、分かりづらい文章は避けたいもの。しかるべきところで文を分けましょう。
記入例。何かとイメージの良くない「黒」を、こちらから記入した部分より除去。
  • 欠席する場合
いくらお祝い事でも、やむにやまれぬ事情があるならきちんと断りましょう。もちろん丁寧さを心がけてください。出席する場合と同様に「御欠席」の「御」を消します。ただし「させていただきます」は書かず、「欠席」を円で囲みましょう。また「夫婦のどちらかが先立つ」というイメージを受ける「欠」の字を「結」に変えておくのも忘れずに。こちら側の都合で欠席するので、必ずメッセージを書かなくてはなりません。「やむをえない事情により欠席させていただきます」というふうにあっさりと書くのがよいでしょう。お祝い事にマイナスイメージの事情をくだくだと差し込むべきではありません。もしくは「あいにく長期の出張があり」「あいにく先約がございまして」など相手方への丁寧な気持ちを示す意味で書いておくのも悪くありません。

最後に自分の住所と名前を書きます。このとき「御住所」の「御」、「御芳名」の「御芳」を消すのをお忘れなく。あるいは「御住所」「御芳名」を修正テープなどですべて消しても構いません。どれが返信者の住所で名前かというのは大人ならば一目瞭然であり、わざわざ残しておくのは無礼にあたると受け留められる場合もあるでしょう。また、招待状の文書作成やレイアウトに苦労された方への敬意を込めて、できるかぎり原文を残しておくというのもよろしいでしょう。

投函[編集]

ハガキの到着からできるだけ早い方がよいでしょう。遅れることで新郎新婦に多大な迷惑をかけてしまうことをご存知ですか?二人には式前にやるべきことがたくさんあるものです。とくに出席者によって変動する料理や引出物の数、席次表は早めに決定しておかねば当日に間に合わないのです。しかし丁寧な気持ちは欠かしたくないところ。欠席する場合はできるだけ投函を伸ばし、「やむにやまれず悩み苦しんだ」という気持ちを示しておきましょう。

これで返信の作業は終了です。ただハガキを返信するだけで随分と細やかな心遣いが試されるものですね。それではひきつづき、結婚式当日のマナーを学んでいきましょう。

服装[編集]

新郎、新婦、司式者、両親を除き、ステルス素材を着込んだ列席者たち。

当日、あなたはどんな装いで式場に向かいますか?結婚式という厳粛な場だからこそ、清潔感を常に保っておきたいところですね。

まず、カラフルな服装は避けましょう。同じ式典でも、たびたび報道される成人式の若者を想起させるようなファッションではイメージが良くありませんね。なにより、新婦より目立ってしまってはいけません。清潔な色といえば、やはり黒か白でしょうか。黒は何にも染まらないことを意味する色で、裁判官の法服のカラーとして採用されています。しかしこの色は、日本では喪に服するときに用いられるイメージが大変強く、祝い事である婚礼に登場させる訳にはいきません。では白を選べば良いのでしょうか?いいえ。実はかつての日本、奈良時代より前や室町から江戸時代における喪服は白をイメージカラーとして使用していました。現代での死装束にその名残りがあることはお分かりですね。

以上のことから、色を全く使わない、かつ目立たない服装で列席するのが望ましいようです。


ご祝儀[編集]

結婚とは、これまで抽象的でプライベートな間柄だった二人を、公に認められた社会的な関係に改めることです。それまではお金の話は野暮ったくてできなかったかもしれませんが、二人はすでに壮大な血族の構成員として働いているのです。式後は彼らの目が真っ先に芳名帳と額面に向けられ、ゲストに対する評価が下されていきます。しかし結婚式は慶事ですので、こちらは祝福する温かい心を忘れないようにしましょう。

金額[編集]

ご祝儀として適した額は3万円と言われています。この「3」は、主役のお二人にこれから生まれてくるご家族を加えた数であると言われています。したがって、DINKSの宣言があった場合は1万円少なくても良いと言われています。すでに子沢山であるなら、扶養控除などさまざまな公的サービスを受けておられるので気持ちだけでよいと言われています。なお、渡すご祝儀は「身の丈に合った金額に調節するべき」と言われていますが、祝福する温かい心が優先です。

ところで、金額は偶数であってはなりません。これは偶数が割り切れるように二人の仲にヒビが入ってしまうからだと言われています。また、4と9は絶対欠かしてはならない数字です。俗信に則って避けてしまうと良くない(49無い)ことが起きるからだ、と言われています。紙幣と共に必ず49円を用意しておく、ということを覚えておきましょう。

祝儀袋[編集]

何らかの事情で「気持ちだけ」ということであれば、水引や熨斗を除去するのが無難。

包む金額に見合ったものを選びましょう。1万程度なら結び切りの紅白水引と熨斗がプリントされた、ごくシンプルな袋。その10倍以上であるならば、日本の紙幣並に装飾が施されたアーティスティックな袋が好ましいですね(かつては収納時にかさばるため派手な祝儀袋は嫌われていましたが、近年では遠慮なく廃棄される傾向にあるので気に病む必要はありません)。このように外見から中身を想像しやすいように袋を選択することは、ご祝儀の金額をいち早くお二人に知らせようという狙いがあります。こういった野暮な話もありますが、あまり考えずに祝福する温かい心を思い出してください。

しかし、関西地方においては金額の表示よりも見た目の統一性と収納の際の合理性が何より好まれます。どのような金額であっても、必ず黄または金色と白のあわじ結びの水引が付いた金封袋で包んで下さい。これらの水引はお葬式のご香典を包む際にもそのまま用いることができますので、他地方の方も、もしもの時のために必ず用意しておいて下さい。

なお名前の書き方や袋の包み方などは、祝儀袋のパッケージ裏を参考にしてください。

運び方[編集]

祝儀袋を持参する際、決して直に鞄へ入れたりしてはいけません。ご両人への祝福は丁寧な気持ちがあってのこと、大切に包んで運ぶのが鉄則なのです。

受付前で観察すると、祝儀袋を包むのにふくさしか用いておられない方が少なくないものですが、これは省略しすぎた包み方、マナー違反スレスレの行為です。もし、ふくさの上から風呂敷で包むのなら百歩譲って大目にみてくれる方もおられるでしょうが、決して真心のあるものとは呼びがたいものです。アナタが本心からご両人の幸せを願うのなら、祝儀袋を切手盆の上に置き、その上に掛けふくさを置いた上で、風呂敷で包んで下さい

切手盆、掛けふくさ、風呂敷の3点を揃えるのに下級品でも3万円は必要です。百貨店でならビブレでも10万円はかかります。しかし祝福する気持ちがあれば当然備えておくべきものです。ローンを組んででも全て揃えて下さい。こうしておけば、きっと受付の方を通じてご両人にアナタの丁寧な気持ちが伝わることでしょう。

挙式にて[編集]

式場スタッフに指示を仰いでください。

披露宴にて[編集]

披露宴会場は式の中で最も多くの人が参加する場。大抵は円卓に席が配されるため、参加者を見渡しやすいのです。もちろん、周囲を窺っているのはアナタだけではありませんよ。

席に着いたら[編集]

まず携帯電話の電源を切りましょう。マナーモードにしておくだけではマナー違反。着信が気になり、せっかくの式が台無しですよね。イスが埋まったら同席している方々に簡単な自己紹介をしましょう。笑顔が大切ですよ。日常的に親しい関係の方にも近況などをお知らせすることで、皆さんとの食事が一層楽しくなります。また、孤立してしまっているような方がいれば是非積極的に話しかけましょう。喜ばしい日に寂しさなど似合いません。これを機に友達の輪を広げてみては?

食事[編集]

アナタは家で食事するとき、片肘をテーブルに突いたりしていませんか?もちろん披露宴でそんな仕草を見せるわけにはまいりません。テーブルマナーという言葉をご存知ですよね。ここをご覧になっているほど賢明なアナタなら、すでにそのいくつかを習得しているはず。そう、ナイフやフォークは外側から使っていくのが正しいのです。魚はひっくり返して食べたりしたらマナー違反!

……ですが、これらは一般的な洋食・和食が出された場合です。もしかしたら手づかみで食べるのが正しい作法とされている料理がメニューに選ばれているかもしれません!こうなるとマナーに対して神経質になってしまい、なんだか食事が美味しくなくなってしまうでしょう。それよりもむしろ、「これどうやって食べるの?」などと同席者と一緒になって考えて食べたほうが楽しいですよね。臨機応変なアナタはきっと魅力的な大人に見えるはずです。もし特殊な料理の食べ方について知識があるのなら尚更でしょう。これを機に知らない国の食事マナーを勉強してみては?

スピーチ[編集]

このマナー講座の序文を見てここまで読むのを止めなかったアナタ、主賓ではないですよね。また、本番でサプライズレターを朗読する役目を担っているわけでもありませんよね。「だったらこの項目を読まなくていいか」?いえいえ。最近では、役目が無くてもスピーチをしなければならない場合があるのです。マイクをもって歩き回る司会者によって、突然アナタの器量が知れ渡ってしまう! さあ、主賓や友人代表と同じように当日の日の出を迎えますか?

ご安心ください、そんな必要はありません。司会者は数をこなそうとしているだけなので、そんなに長いスピーチは求めていないのです。なにより、長いスピーチはマナー違反。「本日はおめでとうございます」と「末永くお幸せに」。新郎新婦に伝わるのはこれだけで良いのです。あとはちょっとしたアドリブでつないでください。重ね言葉はいけない?感情が高ぶれば自然に「本当に、本当に」と言葉があふれてしまうものです。ご両親への挨拶?お若い方からの言葉はそれほど期待されていません。余計な気遣いはマナー違反になります。それよりも気楽に考えて楽しい気分で式場へ向かいましょう。

二次会[編集]

ご安心ください、参加の必要はありません。アナタを含めた来賓は貴重な時間を使ってやってきているのですから。「この後二次会行く?」という質問は当然ネタなのです。「あれ、君は暇人なのかい?」などとジョークを飛ばしてみるのもいいかもしれません。

おわりに[編集]

ここまで読み終えたアナタ、すっかり自信がついたことかと思います。そこで、最後に忘れてはならないことがあります。稀に「お前、それマナー違反だぞ」などとクレームをつけられる場合があります。喜ばしい日にこういったことを言うこと自体マナー違反ですが、これはおそらく他流派の立場からの批判と考えられます。こういった方に対しては「私のマナーはアンサイクロペディア流だ」と胸を張って主張してください。もし流派を答えることができなければ、「誤ったマナーである」「まだまだ子供だ」などとして汚名を着せられてしまうでしょう。たいがい式場には他流派の方が渦巻いており、口にこそ出しませんが常にお互いの挙動を卑下しあっているのです。

結婚式場という名の伏魔殿、知人や同席者に別れを告げて毅然とした態度で式場を後にすれば、アナタはもう一人前です。