UnBooks:牧師の悲しみ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

始まり[編集]

クリエイティブコモンズとして働く少女。あどけなさに騙されてはいけない。

政府が最初非実在青少年のエロス を攻撃したとき

政府非実在青少年のエロスを攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、 オタクでなかったから何もしなかった。何かしたら即刻監獄入りだからだ。 懐古主義ぶるわけではないが、今は何かすればやれ偽善だのやれ迷惑だの、周りの声がうるさい上に、下手をすれば訴えられる事になる。PTAも私の周りに沢山居て、目を光らせている。こんな中で声を上げようものなら、私は即性犯罪者として祭り上げられてしまうだろう。 もっとすれば、怪しいと言うだけで犯罪者予備軍とされ、二度と日の目を拝めないかもしれない。 そうでなくても私は牧師と言う形をとっているものの、社会的に力が無いから、 何をしようとも、また何もしなくともどうにかなると思っていた。

そして拡大へ[編集]

ついで政府オタクを攻撃した。私は前よりも不安だったが、オタクではなかったから何もしなかった。 オタクの味方に着こうものなら、周りから白い目で見られ、後ろ指を差されることが確実である。 それに私までオタク扱いされてしまう。 私は人の考えは自由でありその人のものだと思っている。 精神は誰からも犯されないものであり自ら研鑽するものであると思っている。 命はすべからく神のものであると思っている。

しかし、そんな説明をした所で、誰が理解しよう?カルト宗教と思われるか気違いと思われるのがオチである。 そうなったら精神病棟で一生を過ごさなければならなくなる。

ついで学校が、出版社が、漫画家等々が洗脳された。こんな事あってたまるかと憤り、ずっと不安だったが、まだ何もしなかった。 PTAはいつにも増して目を光らせ、息を荒げている。少しでも妙な動きを見せようものならば、即座に監獄入りである。 一般人が人を裁くようにもなってしまった。 そこにはPTAがこぞって参加し、ちょっとでもエロい事を考えていそうな人間を次々監獄に放り込むのである。 見た目だけで判決が決まる事もあった。 イケメンは何をしても許され、不細工は即監獄送りである。腐女子などもっての他のようだ。 しかし、彼らが何か悪い事をしたのだろうか?私はただただ自問自答を繰り返すしかなかった。

絶望した!!.jpg 書くべき情報が多すぎて絶望した!!
そこの忍耐強いキミ! 私の代わりに私の思想を広めてください。
なに書けばいいのって?・・・それは言わずもがな。(Portal:スタブ

自由の終わり[編集]

政府はついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した。 これは当然の権利であるはずだ。法律が生きる権利を認めているのだから。 しかし、私は法律が変わっていたことを知らなかったのだ。 自由を求めるには、それ相応の力か見た目が無ければならなくなった。PTA達は私を不細工で変出者と決め付けたのだ。 PTA達は私を監獄送りにし、次なる目標を探している。 表現の自由も、発言の自由も私には・・・いや。この国には無くなってしまった。

全てが遅過ぎた。


ハニベ大仏.PNG この「牧師の悲しみ」は、宗教上の都合により、今はまだ完成をみることがかないません。私達は、宗教上の都合により、あなたに、執筆を委ねることしかできません。是非、宗教上の都合により、私達の夢をかなえるためにも、あなたの力でこの「牧師の悲しみ」を完成させてください。 (Portal:スタブ)