UnBooks:松茸ご飯の作り方

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

本書では松茸ご飯の作り方を紹介致しております、本書を手に取った貴方も是非美味しい松茸ご飯に挑戦してください。

用意する食材[編集]

貴方が必要とするだけの米を準備してください。コシヒカリササニシキなど、好みの国産ブランドがあれば最適ですが好みがなければ米屋でおすすめを聞くのもありかと思われます。
なお、本書では予算があまり無いため、コンビニで買った炊飯済みのご飯を使います。
松茸
松茸ご飯の主役ですので大きな松茸を一本用意する事が好ましいです。中国産、韓国産が多く出回っていますが、やはり日本産にかなうものはありません。味よし、香りよし、食感よし、まさに贅沢極まりありません。
なお、本書では予算の削減によりしめじを利用します。
ごはんを炊き込む際に使用する地として昆布だし薄口醤油を用意してください。また醤油を変わった醤油にしたり、昆布だしを鰹だしに変えるなどバリエーションは豊富です。
なお、本書では予算の都合により薄口醤油だけを使います。
具材
松茸を引き立たせる具材も大事です。鶏肉、油揚げ、人参や柚の葉、三つ葉などを少しだけ添えても味に深みがでてきます。
ちなみに、本書では予算の関係上具材は用意しません。
お米を炊くために水には大事です。食事用の水も多く販売されています。アルカリイオン水や濾過水など、ご飯をおいしくする水にもこだわりましょう。
本書では予算の圧縮のため水道水を使います。

調理手順[編集]

本書のメインとなります、おいしい松茸ご飯を作りましょう。

米を炊く前に[編集]

炊飯器炊きを使用する場合
貴方がいつも行っているであろう手順どおりに米を研ぎ、30分から1時間浸水させてください。その後ざるにあけて水気をしっかり切ります。
鍋炊きの場合
事前に貴方が使用するだけの米を研いで浸水させておきます。

なお、本書では予算の都合上、すでに炊飯済みのコンビニご飯を電子レンジで温めることにします。

だしの種類と準備[編集]

松茸ご飯はだしの種類によって大きく分けて2種類の作り方があります。松茸ご飯を作るにあたって、同じお米で昆布だしのほうが良い感じになると言われているため、昆布だしを使った作り方を紹介します。

昆布だしを使った作り方
昆布だしで松茸ご飯を作る場合、だしの取り方は水出しで十分です。水に対して1%くらいの昆布を、前日から冷蔵庫に入れて作っておくと便利です。そして昆布だし11:酒1:薄口醤油0.5:塩ひとつまみの割合で地を作ります。なおこの数量は2~3合を対象としておりますので倍炊く場合などはこの数量も倍にして投入してください。

なお、本書では予算の制限上、温まったご飯に醤油を掛けることにします。

松茸の下処理と洗い方[編集]

今回は米2合に対して、小ぶりな松茸を4本が適量です。松茸は石づきといわれる根元の硬い部分を、えんぴつを削るように包丁で切り落とします。次にため水の中でさっと土を落とす程度に、表面をなでるように洗います。洗った松茸はすぐにタオルなどに移し、水気を押さえるようにしてふき取ります。

なお、本書では予算の都合でしめじを適当に水道水で洗うだけにします。

松茸ご飯を炊く[編集]

炊飯器炊きを使用する場合
浸水させた米を炊飯器の内釜に入れ貴方が必要としている米の量の目盛りまで用意した炊き込みごはんの地を投入し、はじめから具材(本書の場合はしめじ)を加えてスイッチを入れ炊きます。
※目安で用意した地が余ることもありますが、炊飯器の目盛りを優先させるべきです。なお、目盛りを超えた場合は松茸おかゆになる可能性があります。
鍋炊きの場合
水切りしたお米に必要なだけの炊き込みご飯の地を鍋に合わせ、はじめから具材と一緒に炊きます。

ちなみに、本書では予算のため、さっきの醤油ご飯の上にしめじを適当にのせます。

試食[編集]

さて、本書の通りに調理していた場合は松茸ご飯が完成しているはずです(貴方がお金持ちの場合)。

なお、本書は予算がありませんので、しめじが乗った醤油ご飯が完成しております。私は松茸がどのようなものか良く知りませんので、是非貴方の家の食卓に美味しい松茸ご飯を並べてください。

関連項目[編集]