UnBooks:幼女だけの世界

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
幼女の幼女による幼女だけの世界。

「もしも世界が幼女だけの世界なら良かったのに」などと思った人は居ないだろうか?

幼女だけの世界[編集]

序章[編集]

ここは幼女しか居ない地球。まあ別の次元にそんな狂った世界があると、そう仮定して欲しい。当然の事ながら歳は一切取らない。永遠の17歳教ならぬ永遠の5~10歳だ。寿命が来ると幼女のままポックリ死ぬ。もちろんそれで世界は上手くまわっていると考える。どうやって子供が生まれるかとか、無粋な事は考えるべきではない。

君の周囲の女性は全て幼女だ。(君が男性であるならば)君が大好きなあの娘も、君のも、君の学校の素敵な女性教師も、君の部活の可愛いマネージャーも、君の隣のおねえさんも、毎日起こしに来る幼馴染も、君の彼女も、君の将来の伴侶も、君と最近上手くいっていない奥さんも、君の愛人も、ディスプレイの中の恋人も全て幼女だ。

無論、他も全て幼女だ。その法則に例外は許されない。君も幼女だし、君の友人も幼女だし、君の上司も幼女だし、君のお父さんもお母さんもお爺さんも幼女だ。幼女達が食卓を囲む狭いながらも楽しい我が家、夜は親子で幼女が川の字になって寝る。君のご先祖様も全て幼女だ。君の周囲だけではない。日本中、いや世界中全ての人間が幼女だ。ウィキペディアンも幼女、アンサイクロペディアの利用者も全員幼女だ。歴代アメリカ大統領は全て幼女だ。

あれも幼女、これも幼女。それも幼女だ。幼女色々だ。こんな幼女はヤーダ。北の酒場どおりには赤い服の幼女が似合う。エアー幼女が倒せない。えっちな幼女はいけないと思います!まて、これは幼女の罠だ。また明日から幼女として過ごす毎日がはじまるお……

本編[編集]

幼女テレビを付けようとする。幼女がテレビのリモコンを探してじたばたする。幼女が怒鳴る。「かあさん、テレビのリモコンどこ?」母さんと呼ばれた幼女がリモコンを投げる。リモコンを受け取った幼女が操作してテレビをつける。テレビにはニュースキャスターの幼女幼女子アナが舌ったらずな口調でニュースを読み上げる。どうやら幼女のアメリカ兵達がイラクで幼女のテロリスト達と戦っているようだ。日本政府は自衛隊員の幼女を派遣する事を決めたと記者達(幼女)の前で日本の総理大臣(幼女)が発表する。野党党首である幼女は自衛隊幼女イラク派遣に反対することを発表する。日本は平和だなあとテレビを見ている幼女は思う。「おとうさん!ひまならかいものにいってきて!」と母さんと呼ばれた幼女が怒鳴る。「そういやあいつのなまえなんだっけ?わかんない。」と怒鳴られた幼女は思う。

神田ではサラリー幼女達が一杯飲み屋に集まる。大将(幼女)が作った焼き鳥を店員(幼女)が飲み物(お子様用のジュース。ただしどういうわけか幼女は酔う。)とともに運ぶ。サラリー幼女達は「なんでわたしのぷろじぇくとがつうかしないの!」「ぶちょうはかんがえかたがふるすぎる。」「あのはげふざけんな」「このかいしゃはだめだ!」「わたしもうこのかいしゃやめる!やめてどくりつする!」「もういっけんいこう!」「ごちになります!」中には中央線の最終電車を乗り過ごす幼女もいる。翌朝、幼女達は二日酔いとともに目覚める。そして何事も無かったようにオフィスに幼女が集まってくるのだ。

韓国幼女日本に「しゃざい」と「はんせい」と「ばいしょう」を要求する。ついでに日本海を「とうかい」と呼ぶ事と「たけしま」の領有を主張する。ネット上で嫌韓幼女が騒ぎ出す。

「ただのようじょにはきょうみありません!このなかにうちゅうのおんなのこ、みらいのおんなのこ、いせかいのおんなのこ、ちょうのうりょくおんなのこがいたら あたしのところにきなさい。いじょう!」

もちろん、幼女も出てくる。この世界には男が居ないので想像上の生物「美少年」の交尾を描いた書物を扱って楽しむ。池袋に腐幼女が集まる。「ほものきらいなようじょなんかいません!」ネット上で腐幼女が空気の読めてないキャラ愛を披露する。別の、腐っていない幼女が腐幼女を叩く。

東京で幼女が何者かに殺害される。テレビで大々的に幼女が「ようじょさつじんじけん」として報道される。刑事事件評論家の幼女が「20さいから30さい、もしくは40さいから50さいのちっちゃいおんなのこがはんにんだよ」と発言する。幼女の警察達が『ようじょさつじんじけんそうさほんぶ』と書いた板を張り付ける。幼女の刑事達が犯行現場付近で幼女達に聞き込みを開始する。じっちゃん(幼女)の名にかけて幼女も捜査を開始する。頭脳は大人、体は子供の幼女も捜査を開始する。殺害された幼女が別の幼女と金銭関係のトラブルを抱えていた事が判明する。また付近に住んでいる住人の幼女が言い争う女の子の声が聞こえていた事を証言する。そして犯人の幼女が逮捕される。

人類初の宇宙飛行幼女が宇宙に出る。「やはりちきゅうはあおかったよ」と発言する。幼女に旗を立てる。アメリカ合衆国の幼女は大々的に宣伝する。幼女が「あれはやらせだよ!ずるっこだよ!」とトンデモ陰謀論を発表する。

少女漫画は幼女漫画に変わる。少年漫画も幼女漫画に変わるし、青年漫画も幼女漫画に代わる。劇画は変わらないが、ちょうAきゅう☆すないぱーの幼女が「ようけんをきこう」「わたしのうしろにたたないで!」となる。成年向け幼女漫画も発売されたりするし、幼女が普通に買っていく。コミケ幼女があふれる。

なおおジャ魔女どれみは国民的な大河ドラマである。

幼女さんはお買い物しようと町まで出かけたが、お財布を忘れてしまった。他の幼女も笑っているし、お日様も笑っている。今日もいい天気のようだ。


「う~~トイレトイレ」 いまおトイレをさがしてぜんりょくしっそうしているあたしはよびこうにかようごくいっぱんてきなちっちゃなおんなのこ。しいてちがうところをあげるとすればちっちゃなおんなのこにきょうみがあるってとこかナー そんなわけでかえりみちにあるこうえんのおトイレにやってきたの。ふとみるとベンチにちっちゃなおんなのこがすわっていたの。 (うほっ いいようじょ) そうおもってるととつぜんそのおんなのこはあたしのみているめのまえでおようふくのホックをはずしはじめたのっ……! 「やらないか?」

「いいの?ほいほいとついてきちゃって。あたしはようじょだってかまわないでたべちゃうおんなのこなのよ。」

日本幼女が緑茶を飲んでいる頃にイギリス幼女クソ不味い飯とともに紅茶を飲み、中国幼女が彼女達の夕食になる餃子を作る。ドイツ幼女キーボードを壊し、アメリカ幼女は肥満に悩み、ソビエトロシアではウォッカが幼女を飲む。南ア・ヨハネスブルグでは軍隊出身の幼女八人なら大丈夫だと思っていたら同じような体格の幼女二十人に囲まれる。

幼女が天の岩戸に隠れる。幼女がヤマタノオロチを退治して幼女を嫁に貰う。幼女藤原道長が娘の幼女を宮廷に送り込む。源義経という幼女が船の上をぴょんぴょん飛び回る。元から幼女が攻め込んでくるが、台風でおぼれる。幼女織田信長幼女今川義元桶狭間で奇襲する。幼女上杉謙信幼女武田信玄が川中島で激闘を繰り広げる。幼女豊臣秀吉織田信長幼女)のお靴を懐に入れて暖める。幼女足利義昭織田信長が喧嘩する。織田信長幼女明智光秀を「きんかんあたま!」と呼ぶ。「なかないの?なくまで待つよ!ホトトギス」大名の幼女がたくさんの家来の幼女を引き連れて江戸まで行進する。水戸の幼女が悪い幼女に印籠を見せる。将軍の幼女がお忍びで江戸に出て「あたしはとくだしんのすけちゃん!」と偽名を使う。高知県の幼女が「にほんのよあけはちかいよ!」とか船の上で言う。幼女が耐えがたきを耐え、偲びがたきを偲びポツダム宣言を受諾する。

我輩は幼女である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でキャーキャー泣いていた事だけは記憶している。

講談社メガネをかけた幼女が地球の環境破壊と人類滅亡の企みを宇宙人と軍産複合体を使って説明する。そして「ちっちゃなおんなのこはめつぼうする!」と叫ぶ。周囲の幼女たちは「な、なんだってー!」と大声を上げる。メガネをかけた幼女ががっくりと膝を落とし、「わたしたちはおそすぎたのよ……」とつぶやく。読者の幼女はそれを見て本気で怖がり、後にネタにされる。

「せんそうがおわったらケッコンするの!」という幼女は死ぬ。「こんなおんなのこたちといっしょにいるのはいや!あたしはじぶんのへやにかえる!かえるのっ!」という幼女も死ぬ。

幼女が増えすぎた幼女達を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。地球の周りの巨大な人工都市は幼女の第二の故郷となり、幼女はそこで子を産み、保育園と小学校に行き、そして死んでいった。宇宙世紀0079、地球から最も遠い宇宙都市サイド3の幼女幼女公国を名乗り、幼女連邦政府に独立戦争を挑んできた。この一ヶ月あまりの戦いで幼女公国と幼女連邦軍は総幼女の半分を死に至らしめた。幼女はみずからの行為に恐怖した。

幼女アダムと幼女イブの頃から、人類は永遠に幼女のままである。もしかしたらウィキペたん幼女なのかもしれない。一万年と二千年前から幼女である。八千年過ぎたころからもっと幼女である。一億と二千年経ってもまだまだ幼女である。今日、幼女が初めて木星に着いたのだが、ピテカントロプスになる日はまだまだ先である。

関連事項[編集]

「私はむしろ「メイドだけの世界」に行きたい。」
幼女だけの世界 について、セーレン・キルケゴール