UnBooks:実戦現代護身術

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

実戦現代護身術(じっせんげんだいごしんじゅつ)はヨシヒサ・ゲイツ著、厚書房出版の実用書。人外部隊出身の傭兵が日本向けに記した。

こうすれば誰も犠牲にならなかった!犯人を除いては!


常識としての護身術[編集]

まえがき

今の日本は本当に腐っている。街には世界中の軍隊の迷彩服をファッションとする野郎共が闊歩し、駅は手を触れると犯罪となる保護動物であふれ、コンビニには金のためにいくらでも賞味期限を偽造された食品が山積みにされている。凶悪事件を起こした犯人は税金で判決下るまで囲いの中で命を保証されている。こんな世の中だからこそ実戦さながらの護身術を身につけねばならないのだ。

守るべき優先順位は幼女、美少女>自分>その他

美少女の命と操貞は何ものにもかえられない。どんな犠牲を払っても守るのだ。自分が生き残ったときに嫁は選り取り見取りである。

帰路でガキどもに囲まれてしまったら[編集]

オタクはいつも狙われている

世間には「オタクはピザでニートで弱いくせに金になるレア物を持ち歩いている」という偏見に満ちている。これだけは私の経験をもってしても変えることはできない。気をつけよう。というかこういったガキは見つけたその場で殺すべきである。PTAがなんと言おうと構わずに。次。

クソガキは発見次第に始末せよ

例えば君がクソガキを発見したとしよう。その時は何とも無くとも、後に奴らは別の人間を襲うかも知れない。特に「ワルかっけぇ」志向のある厨二病患者は始末に負えない。こんな奴らに更生だの再教育だのといった行為は無駄なのである。はっきり言って、殺してしまった方が早いし世のためにもなる。君が銃マニアだったら、早速その知識をフル活用して拳銃を極秘裏に入手、「怪しい」と思ったガキに徹底的にヘッドショットを喰らわしていくべきだ。毒物の知識のある化学マニアなら、サリンやVXガス等のちょっとだけ毒性のありそうな物質を作って学校に撒いたり、或いは奴らが好みそうなコンビニやゲーセン等に対して「害虫駆除」をしてあげよう。バイクに乗ってアホな運転をしていようものなら、その目にレーザーポインターをプレゼントしてあげるのも乙なものだ。電気の知識があるのなら、是非ともDVDレーザーを作っておこう。尚、路面にオイルやバナナの皮を散布するなどといった手を加えれば尚結構。でも彼らのバイクは盗品の可能性もあるので、燃料タンクに砂糖を添加するなどといった手法はあまり使わないでほしい。駅のホームをフラ付いていたら、線路にダイブさせてあげるのも古典的かつ有効である。但しその後の光景は、君にとっても確実にトラウマになるはずなので、ダイブに手を貸したら即刻立ち去るべきだ。未成年のくせに酒を呑んでカッコつけているようなおバカさんが居たら、その酒の中に古めの目薬とか、乗り物酔い止めの薬を入れてあげよう。その上でこっそりとスピリタスでも追加してアルコール度数を上げてやれば楽しい光景になること請け合いだ。

車を囲まれたら、かまわず轢き殺す

いつの世にも珍走団という奴らはいるものだ。車を囲まれたら私ならかまわず轢き飛ばしてしまう。違反や犯罪をステータスとするこいつらと遭遇したら駆除するのが世のためである。破壊力を求めるのであればハマーやランドクルーザーといったSUVに乗るのが良い。パジェロは自分が火達磨になる可能性があるため乗ってはならない。殺り損じたときに一生借金生活を負わせるためにはフェラーリやポルシェなどが良い。セルシオは手ごろである。これらはSUVのように車体の下を抜ける事がないのでより確実に撥ね飛ばせる。

報復には報復をもって徹底抗戦する

ガキどもの被害妄想は凄まじい。「テロと中二病患者には絶対に屈服してはならない」が世界共通の思念である。しかし、外国に逃れるのも手である。帰国したころにはガキどもを駆逐する強力なバックボーンを手にできるからだ。

  • アメリカ人 一杯おごればM203グレーネードランチャー付きのM16を横流ししてくれる。
  • ロシア人 陰惨性において他を圧倒する。
  • 中国人 短機関銃や青龍刀が頼もしい。お金は必要。

刃物を持った通り魔を倒すには[編集]

ベルトで反撃し、靴でトドメをさせ

ベルトをすばやく引き抜けば即席の鞭となる。そのときズボンがすり落ちて下着姿にならないように注意が必要である。駆けつけた警察があなたを取り押さえることになるからだ。振りに強弱のコントラストをつけ、通り魔が何かに目覚め屈服したら靴を顔に当て昏倒させてしまう。

通りには刃物以上の武器が置いてあると思え

商店街には武器がいくらでも放置してある。それらを使い、投げつけ、倒したら通り魔の股間に放置自転車の後輪を当て、ペダルを回しておけば動きを封じることができる。

万引き犯を追っかけるには[編集]

万引き犯を追っても組み付いてはならない

なぜなら、組み付かせることこそ犯人の目的かもしれないからだ。組み付いたら最後、ずぷりと挿されて人生おしまいである。

自分の店ののぼり竹槍でトドメをさせ

真空袈裟斬りで店先ののぼりを斜めに斬り、竹槍にして万引き犯を背後から一突きにする。追いつけなければ陸上競技の槍投げの要領で投げる。真空袈裟斬りができない場合はあらかじめ斬り込みをいれて接着剤で固定しておくと良い。 私が2年前に書店で万引き犯を捕まえたときは、「アイチェリーの美少女ゲーム」の旗で作った竹槍で犯人をつつきまわして弱らせ、四つんばいにさせてズボンをおろしふんばらせた。

レジのバイトで強盗にあったら[編集]

なんのためにおでんがレジ付近に置いてあるのか

私にはコンビニエンスストアが強盗にあうのが理解しがたい。レジ越しの店員はおでん保温機という究極の武器をそばにおいているからだ。強盗が刃物や銃を突きつけてきたらおでんをちゃぶ台返しにして撃退してしまう。動きを封じたら強盗のズボンのチャックを開け、あれにこんにゃくかはんぺんをはめておけば立ち上がれなくなり、安全に確保できる。

学校の敷地に不審者が侵入してきたら[編集]

学校は凶器の宝庫だ

学校は凶器の宝庫だ。私なら突然教室に刃物を持った男が乱入してきても生徒に手を出される前に絶命できる。

  • さすまた 二股に分かれている方を相手に向けるのは間違っている。二股に分かれている方をそれぞれ握るのが正しい持ち方で、リーチを十八分に活かせる。
  • ネットランチャー うざったい生徒たちをひとまとめにするために用いる。その間に侵入者の懐に飛び込み排除する。
  • 自在箒 真空袈裟斬りで柄を斜めに斬り、竹槍にして侵入者を一突きにする。真空袈裟斬りができない場合はあらかじめ斬り込みをいれて接着剤で固定しておくと良い。
  • 教師用三角定規、分度器、コンパス 先生が黒板で使う三角定規と分度器は最強の防御力を誇る。分度器でガードしながら、侵入者の尻の穴を三角定規で力の限り突く。コンパスは折りたたんだ状態で片側だけ持てば、振ったときに伸びて2倍のリーチとなり侵入者の虚をつくことができる。
  • 黒板消し、チョークの粉 使った黒板消しを叩けばすぐさま煙幕を張ることができる。咳き込んだ侵入者を倒したら、口にチョークの粉を入れてやるとよい。尻の穴にチョークを突っ込むのも有効だ。
  • バタフライナイフ 不良生徒のカバンの中に入っていることが多いのでチェックしておくと良い。チャキチャキやりながら挑めば、以後クラスも安泰である。ただし、口封じ生徒たちの心のケアは必要だ。

銃を持った不審者と対峙してしまったら[編集]

銃器大国日本を生き残るには

あなたは日本は器犯罪とは無縁と思っていないだろうか。そんなことはない。銃器を知らない者が多い日本だからこそ、多くの犯罪者は銃を手にすれば何でもできると考えている。マニアは大金をはたいて拳銃を手にするし、警官は拳銃を悪用し、小銃を持って失踪する自衛官さえ存在する。民間人に求められるのは、を飼い、クロスボウと暗視装置を所持し、そういった莫迦どもの凶弾に倒れないことだ。また乱射犯のような莫迦の究極の目的は自分を殺すことであるから、自殺という究極の目的を果たさせてはいけない。

見つけたら絶対に殺せ

日本の木造住宅では弾が抜けてくる。銃を持った相手に背を向けたら最後、あなたは壁越しに撃たれ、運よく弾が外れても木片によって倒れるだろう。銃を手にした敵はスピードと攻撃性とをもって必ず殺さなければならない。それ以外にあなたとあなたの家族を守る手段はない。

リロード中に勝負をかけろ

幸いなことに日本では自動小銃は手に入りにくい。拳銃ならせいぜい20発未満、ライフル、散弾銃では日本国内では5発までしか装填できない。銃声から種類を判別し、リロード中にスピードと攻撃性とをもって回し蹴りを喰らわすのだ。もしあなたが銃やクロスボウを持っているのなら正確に相手の股間を狙ってぶちこもう。こうすれば反動で弾や矢は胴の辺りに集中する。

侵攻してきた他国のゲリラコマンドを駆逐するには[編集]

民兵として抵抗する

日本は四方を海で囲われている。さすがに戦車などの陸上勢力の上陸は自衛隊が阻止するだろうし、ミサイルや爆撃は金がかかるのであり得ない。やられたら防ぎようがないのでしょうがない。やはり一番危惧しなくてはならないのが特殊工作員による内乱の勃発である。平時においても拳銃を持っているというだけで悪さをする公務員がいるので、モラルハザードに陥ったときに国民に銃口を向ける者は速やかに排除する必要がある。

ゲリラコマンドを駆逐するために習得しておくべき技術

射撃で部隊規模の打撃を与える

  • 64式小銃 自衛隊が敗走した際に手にする可能性がある。拠点防衛をしている自衛官が手にしていることが多い。ビニールテープなどで補強しないと携行中に分解する恐れがある。
  • 89式小銃 自衛隊が敗走した際に手にする可能性がある。M16と同じ弾薬を使えるが、A2から火薬量が変更されているため作動不良を起こす可能性がある。
  • M16系小銃 米軍が反撃に転じた際に手にする可能性がある。国内でも専用のパーツが玩具屋で売られているほどある。
  • AK系小銃 敵兵が所持している可能性が極めて高い。AK47や56式小銃では全自動での集弾性が低いためセミオート射撃を活用する。作動不良を起こしたらその辺に叩きつければ99.9%直る。私の経験では。
  • 拳銃 最も人を殺傷していないシグザウアーP220や、最も警官を殺傷しているニューナンブなどが手に入る可能性が高い。それよりも敵兵のトカレフやマカロフ、マニアが所持している有名メーカー製のほうが良い。米兵のM9は自らが負傷する可能性があるため手にしてはならない。
M2j.jpg
  • マシンガン各種 扱えれば戦局が有利になる。ブローニングM2やM249、RPDの使用法を習熟しておくと良い。とくにM2へヴィマスィンガンは死神の鎌をなぎ払うが如く敵勢力をぬっ殺すことができるため、自衛隊の装甲車輌を強奪使うことになった場合に備え扱えるようにしたい。分解整備を知りたければ自衛官になろう。
Rpg-7.jpg
  • RPGロケット推進榴弾 対人、対車両どちらでも十八分に威力を発揮するロケット砲。前後ろを逆にしても発射でき、尖った方を向ければロケットを発射し、ラッパ状の方を向ければ至近距離の敵を一掃できる。


  • 手榴弾 手榴弾が飛んできても爆発するまでの時間は十八分にあるので、慌てずに投げ返す。間違っても荒わててはいけない。

格闘で速やかに斥侯を排除する

  • ナイフ テレビドラマのように両手で握りしめては蠅も殺せない。慣れない内は相手が銃を持っていたとしても「そんなの関係ない」と凄みながら後ろから何度も力強くナイフを突き立てる。
  • トンファー 両手に持ち上半身のバランスが良くなり蹴りの威力が十八分に発揮され、頭部に当てれば即死させることができる。

武器と防具を点検せよ[編集]

ボウガン

普通の民間人が持てる飛び道具でもっとも使い勝手がよい。隠密に殺傷できるので、まずはこれで一人殺し銃を奪う。

ナイフ

堅牢なものが良い。私が開発したツィーゲ・サヴァイヴなら包丁はおろか、日本刀とも十八分に戦える。

FAMAS byonet times2.jpg
  • ツィーゲ・サヴァイヴ 白兵戦においていかなる状況でも勝利できるナイフをコンセプトに開発したのが、このツィーゲ・サヴァイヴである。日勃金属が開発したHIY-2(ヒワイ鋼2号)で7mmもの厚さを持ち、鉄パイプと打ち合っても刃こぼれすることなく切断することができる。FA-MAS小銃にも着剣でき、銃剣戦闘においてその刃渡りは十八分に威力を発揮する。槍というには短く、ナイフというにはあまりにも大きすぎるこのツィーゲ・サヴァイヴならば、甲斐の六郎のように徳川家康を討つことも、前田慶次や本多忠勝のように多勢を叩っ斬ることができよう。価格は18万4800円程度である。


暗視装置(第二世代以上のものを推奨)

暗視装置は夜の営みに欠かせない兵器である。暗闇に隠れ、回りから気付かれずに励むことが可能になるのだ。また、停車しているのに揺れている車両の内部を密かに偵察したり、川原などでの野生動物の性活を観察したり活用範囲は広い。特に非常事態にはプライベートがないので暗がりで他人に気付かれぬように事を済ますことができる

PVS-7E.jpg
  • アメリカ軍用超高性能ナイトヴィジョン これまで視野が狭すぎると批判されてきた個人携行用ナイトヴィジョンの改良型がついに登場した。双眼となったことで視野が広くなっている。ヘッドギアが壊れるほどの重さが性能の高さを物語っていて心強い。残念ながら日本に輸入するにはアメリカ政府を敵にしなければならない。現に私はこれを入手してから現れたエージェントを5人始末している。参考までに掲載した。


フラッシュライト
How to hold flash light.jpg

強力なフラッシュライトは室内における近接戦闘で威力を発揮する。アメリカは国外でフラッシュライトの運用方法を教唆することを禁じている。そのひとつが写真に示したテンタクルホールドだ。この保持法の最大の利点は両手がフリーになることで、光で眩惑した敵を正確に射殺することができる。玉に弾が集中する恐れがあるように見えるが、テロリストが発砲する前に制圧できるのでその心配はない。また、捕獲したゲリコマを失明させるのにも使える。カビキラーでも良い。

あとがき[編集]

本書では比較的新聞に載っているくらい良く起こる状況下での生存術を記した。私がこれまで無事でいられたのは、部屋にこもって極力外部との関係を絶ち、リスクを回避してきたからに他ならない。本書を読んでいただいた皆さんにもこの方法を強くお勧めする。部屋から一歩も出ずに生きていける時代がもうとっくに来ているのだから。

くそがき[編集]

あんまり社会をなめんな。君がこうなっていないのは単なる私の気まぐれだと思え。